講義

問題解決と創造的思考

今週は「思考・問題解決」を紹介する回でした。

「ロウソク問題」や「ギャンブラーの誤謬」を考えてもらったり。

 

努力の積算だけでは問題解決できないこともあります。

そのような時,「創造性」が求められます。

「創造性」に関する研究を紹介したくて,

改めて心理学系の本をたくさん調べてみたのですが,

「創造性」について記載している本がとても少なくて意外でした。

記載されていたとしてもわずか1ページ程度。

情報量が足りない!

ということで,創造性に関する研究論文を調べてみました。

創造的になれる方法(エビデンスあり)をいくつか見つけました。

ブレインストーミングやKJ法の他にも色々あります。

 

本当に創造的になれるのか?学習したら即実践!

恒例の(?)たまご落としコンテストで検証してみました。

 

学生さんたちの作品

たまごを「落とす」のではなく,「投げる・飛ばす」という発想。

 

バネの弾力性+空気抵抗

 

飴型(だったかな?)

 

非常に斬新だった作品。

「割れる・割れない」をストーリー化していました。

箱の中に「彦さん」が入っています。右のタマゴが「マロさん」。

箱の手前の面にマロさんの父が描かれています。

「彦さん」が割れていなかったら,父から結婚の許可が得られるそうです。

 

「彦さん」と「マロさん」の結婚は認められたのか!?

写真からお察し下さい・・・。

 

講義の中に「体験」を含めた方がいいナと改めて思いました。

学生さんたち,とっても楽しそうでした。

何よりも良いことは,学習したことを利用して即実践できること。

感想シートに書かれている質・量も向上していました。

体験を含める場合,上記の4つを満たせるようにすると良さそうな印象でした。

(1)仲間と一緒に試行錯誤できる

(2)正解は1つだけではない

(3)結果がすぐに得られる

(4)結果がわかりやすい

 

0

エビデンスに基づいた教育

「エビデンスに基づいた教育」を学びたくて上京してきました。

 

その教育方法,効果はあるの?

ある教育的な問題に対して,どのように対応するのか。

若手であるほど対応に困ってしまうことは想像に難くありません。

信頼できる先生に尋ねる,ネット検索する,経験から判断する。

良さそうな方法がたくさん見つかります。

しかし,それらの方法は本当に「効果」があるかどうかは不透明。

ちょっと不安ですよね。「経験・勘」だけで判断するのではなく,

これまでに蓄積されている客観性の高いエビデンスを利用して判断できれば,

経験が少ない若手でも自信をもって教育に関わることができます。

「エビデンスに基づいた」判断・意思決定ができるスキルを

学生さんたちに提供できたらいいなと思っているところです。

 

これからの生徒指導を考える

「こんな方法もあるよね。あんな方法もあるよね。」といった,

結論が出ない協議で終わるのではなく,

エビデンスに基づいて議論・検討して,「この方法が最善!最適解!」

と主張できるスキルが身に付けられるような時間を学生さんたちに提供したい。

「教員の努力は子どもたちに必ず伝わる」

「とにかく経験を積むことが必要」

「以前にこんなことがあって,そのときは・・・」などなど,

根性論・精神論・経験論に基づいた教育ではなくて。

 

子どもを思う気持ちは確かに重要です。

もちろん,経験の蓄積や教育観も大切。

でも,それだけでは不十分。

 

教育的な問題に対してどのような方法が効果的なのか。

効果がある場合,どの程度の効果が期待できるのか。

これらに関するスキルを持つことができれば,強力なツールとして利用できます。

教育現場で役立つメタ的なスキルの1つ。

岡山で教員を目指す学生さんたちに提供できるように準備を進めています。

まだ時間はかかりますが,慌てず,焦らず,少しずつ。

0

大学の講義を「楽しい化」する

10月から新学期。楽しいことはいつまでも記憶に残り続けますよね。だから,大学の講義も最大限に「楽しい」講義にしたい。講義の「楽しい化」。苦しい思いをして積み重ねる勉強も悪くはないけれど,「学び」は「楽しい」の延長線上にあると思いたい。

大学の講義。面白い・楽しい・飽きない時間にしたい。どのような講義にすると良いのか,アイデアが1つ湧いたので,今年も新しい方法で挑戦してみたいと思います。楽しみながら。

FullSizeR (2)

今年の夏に開催した「たまご落としコンテスト」。1回目終了後,参加してくれた子どもたちは家に帰って割れない方法を調べたり,大人に尋ねたりしていて,2回目では前回より素晴らしいものを作っていました。「楽しかった経験」が行動を引き出したのではないかなと思います。

0

黄色い声援は世界を変える?

講義の最終回。教育心理学を大学生活でどのように活用することができるのか,学生さんたちがプレゼン。発表形式は自由。特に面白かったのは,保健体育専修のグループでした。タイトルは「黄色い声援は世界を変える」。声援があればスポーツのパフォーマンスが向上することを実証していました。声援をもらうとパフォーマンスが変化する様子を撮りに野外へ出向き,その様子を動画で紹介したり,ヤラセではないことを証明するために実際に実演してみたり。学生さんはMCも上手で,笑いが絶えず起きていました。学生さんたちのおかげで今年もとても楽しい講義時間になりました。ご協力ありがとうございました!

IMG_9203

0

偏愛マップで自己紹介する

無題

全部で15回の講義。120分も時間があるので,話を聞き続けるのはとても大変です。そこで,いろいろな活動を取り入れ,学生さんたちがアクティブになれる時間を作ってみました。自己紹介 (前半の3回のみ) の時間を含めるようにしてみたんです。ただ自己紹介をするのではなくて,偏愛しているものを紹介しながら,自分について語ってもらいます。時間は3分。昨年から試験的に取り入れてみました。どのような反応になるのか不安でしたが,学生さんたちからは大変好評です。斎藤孝さんの「偏愛マップ:キラいな人がいなくなるコミュニケーションメソッド (NTT出版)」を参考にしています。

 

CEE63F9E-

4~6名で1組になってもらって自己紹介。毎回とても楽しそうな雰囲気になります。全体写真を撮影していたら左手前のグループの学生さんたちが・・・ (笑)。

 

IMG_8738

せっかくなので記念に撮影させて頂きました!楽しそうです (笑)。楽しんでいたら「講義」であることを忘れていたとか,楽しんでいたらいつの間にかたくさんのことを身に着けていたとか,そんな講義がいいなと思って毎回準備しています。この時間を楽しく過ごしてくれている学生さんたちを見るのがとても好き。なので,毎回楽しんでもらえるように講義の中身は毎年新しく思いついたことを取り入れて挑戦し続けています。

0

講義を楽しむ

IMG_7968

先日のオリエンテーション終了後,講義の最後に集めている受講カードを見ていたら,このようなコメントを見つけました。静かにしてずっと聞き続ける講義は楽しくないだろうなーと思って,講義はできるだけエンターテイメントに近いカタチにしています。楽しんでもらえるといいなと思って講義を作り直し続けてきたので,その思いが伝わった感じがして,とても嬉しく思いました。

もし講義中に寝ていたら講義内容が面白くないから。そう思うようにしています。「また来週も話を聞きたい!」「この講義の時間が楽しみ!」と思ってもらえるような講義を目指して今年もがんばろうと思います。

 

0

作って学ぶ心理学

IMG_6517

学生さんたちに半年前から準備してもらっていたプレゼン最終日。どのチームもクオリティの高いプレゼンでした。プレゼンと言っても,パワーポイントを使った典型的なプレゼンではありません。心理学系の本を読んで,その内容をパワーポイントで紹介するプレゼンはちょっと楽しくない。聞く方も,準備する方も。そこで,実際に仮説を検証した動画(例えば,人間観察バラエティモニタリング風な動画)を作って上映してみたり,劇にして伝えみたり,いろいろな方法で自由にプレゼンして良いことにしました。

中でも学生たちに特にウケていたのは,「コント」で心理学を伝えていたチームでした。学生クオリティなんてものではなかった。エンターテイメントとして成立している,とても優れたプレゼンでした。

IMG_6491

わかりやすく伝える方法を考えながらプレゼンを作ってゆく過程の中で,それぞれが心理学の知識を深めることができたのではないかな。どのプレゼンもとても面白かった!受講してくださった学生の皆様,半年間ありがとうございました!とても楽しい時間でした。

0

心理学をアクティブにラーニングする

今年の4月から120分授業です。ずーっと講義を聴き続けるって大変ですよね。どのように授業を構成すれば学生さんたちは楽しみながら心理学を学べるのか。どうしようかナーと考えて,考えて,考えました。たどり着いたアイデアは,「学生たちによる,学生たちのための心理学」。

img_6115

興味関心のある心理学系のテーマを1つ見つけてポスターを作ってもらい,同じグループになった学生さんたちにプレゼンしてもらう演習形式にしてみました。評価をするのも学生さんたち。評価は良かったところのみ。「褒めカード」に良かったところをたくさん書いてもらい,発表者をとにかく褒め倒してもらっています。単に紹介するだけでなく,1つの主張を含めてもらっています。

 

img_6127

1人1人が見つけてくるテーマや発表方法のアイデアはとても面白くて,予想以上でした!

この講義のアイデアは構築主義的な学習理論に基づいています。

作ることで学ぶ!

0

心理学を活用する!大学生たちの提案2

前回に引き続き,学生さんたちによる,「心理学を日常に役立てる!プレゼン」のご紹介。講義で扱っていない心理学を自主的・積極的に学んでいたことにとても驚きました。

教科書以外の心理学の専門書を自主的に買って読んでいたり,わかりやすくなるように小道具を作成したり,前の晩にリハーサルをして入念な準備をするなど,十分すぎるほどにアクティブなラーニングができていました。これほどまでに積極的に学ぼうとしている学生さんたちに出会ったのは初めてなような気がする(と思ったとか!思わなかったとか!)。素晴らしい学生さんたちでした。彼らはまだ大学1年生です。現時点でこれだけ熱心に勉強しているのだから,3年後はいったいどうなっているのか,末恐ろしいです。今後の活躍を期待しています!

IMG_4251

音楽ガチ勢+α(音楽)

 

IMG_4252

チームピグマリオ(国語1)

 

IMG_4253

チームビスマルク(社会1)

 

IMG_4254

しゃりしゃりガールズ(社会2)

 

無題

BBA+GGI(教育2)

すみません!写真を撮り忘れてた…(> <)

 

IMG_4257

ジャスティンビーバー(英語)

 

IMG_4258

でんでらりゅうが(心理1)

 

IMG_4260

心理の奴隷~集え心の廃れた者たち~(心理2)

 

 

 

 

 投票数を多く獲得したチーム

「採用したい!」と思う発表をしていたチームを2つ選んでもらいました。第2位と第1位のどちらも心理チームでした笑

IMG_4262

 第2位:でんでらりゅうが

 

IMG_4263

第1位:心理の奴隷

 

0

心理学を活用する!大学生たちの提案1

IMG_4212

「心理学を日常生活に役立てる!」をテーマに大学1年生さんたちが発表!

以下は,学生さんたちが発表に使用したスライドです (スライドの公開は7月末日まで)。

 

1. 連合(数学+家庭+ものづくり)

2. リケジョ(理科)

3. We are sun(国語2)

4. グループ名募集(教育1)

5. フィジリ隊(保健体育)

 

0