講義

偏愛マップで自己紹介する

無題

全部で15回の講義。120分も時間があるので,話を聞き続けるのはとても大変です。そこで,いろいろな活動を取り入れ,学生さんたちがアクティブになれる時間を作ってみました。自己紹介 (前半の3回のみ) の時間を含めるようにしてみたんです。ただ自己紹介をするのではなくて,偏愛しているものを紹介しながら,自分について語ってもらいます。時間は3分。昨年から試験的に取り入れてみました。どのような反応になるのか不安でしたが,学生さんたちからは大変好評です。斎藤孝さんの「偏愛マップ:キラいな人がいなくなるコミュニケーションメソッド (NTT出版)」を参考にしています。

 

CEE63F9E-

4~6名で1組になってもらって自己紹介。毎回とても楽しそうな雰囲気になります。全体写真を撮影していたら左手前のグループの学生さんたちが・・・ (笑)。

 

IMG_8738

せっかくなので記念に撮影させて頂きました!楽しそうです (笑)。楽しんでいたら「講義」であることを忘れていたとか,楽しんでいたらいつの間にかたくさんのことを身に着けていたとか,そんな講義がいいなと思って毎回準備しています。この時間を楽しく過ごしてくれている学生さんたちを見るのがとても好き。なので,毎回楽しんでもらえるように講義の中身は毎年新しく思いついたことを取り入れて挑戦し続けています。

0

講義を楽しむ

IMG_7968

先日のオリエンテーション終了後,講義の最後に集めている受講カードを見ていたら,このようなコメントを見つけました。静かにしてずっと聞き続ける講義は楽しくないだろうなーと思って,講義はできるだけエンターテイメントに近いカタチにしています。楽しんでもらえるといいなと思って講義を作り直し続けてきたので,その思いが伝わった感じがして,とても嬉しく思いました。

もし講義中に寝ていたら講義内容が面白くないから。そう思うようにしています。「また来週も話を聞きたい!」「この講義の時間が楽しみ!」と思ってもらえるような講義を目指して今年もがんばろうと思います。

 

0

作って学ぶ心理学

IMG_6517

学生さんたちに半年前から準備してもらっていたプレゼン最終日。どのチームもクオリティの高いプレゼンでした。プレゼンと言っても,パワーポイントを使った典型的なプレゼンではありません。心理学系の本を読んで,その内容をパワーポイントで紹介するプレゼンはちょっと楽しくない。聞く方も,準備する方も。そこで,実際に仮説を検証した動画(例えば,人間観察バラエティモニタリング風な動画)を作って上映してみたり,劇にして伝えみたり,いろいろな方法で自由にプレゼンして良いことにしました。

中でも学生たちに特にウケていたのは,「コント」で心理学を伝えていたチームでした。学生クオリティなんてものではなかった。エンターテイメントとして成立している,とても優れたプレゼンでした。

IMG_6491

わかりやすく伝える方法を考えながらプレゼンを作ってゆく過程の中で,それぞれが心理学の知識を深めることができたのではないかな。どのプレゼンもとても面白かった!受講してくださった学生の皆様,半年間ありがとうございました!とても楽しい時間でした。

0

心理学をアクティブにラーニングする

今年の4月から120分授業です。ずーっと講義を聴き続けるって大変ですよね。どのように授業を構成すれば学生さんたちは楽しみながら心理学を学べるのか。どうしようかナーと考えて,考えて,考えました。たどり着いたアイデアは,「学生たちによる,学生たちのための心理学」。

img_6115

興味関心のある心理学系のテーマを1つ見つけてポスターを作ってもらい,同じグループになった学生さんたちにプレゼンしてもらう演習形式にしてみました。評価をするのも学生さんたち。評価は良かったところのみ。「褒めカード」に良かったところをたくさん書いてもらい,発表者をとにかく褒め倒してもらっています。単に紹介するだけでなく,1つの主張を含めてもらっています。

 

img_6127

1人1人が見つけてくるテーマや発表方法のアイデアはとても面白くて,予想以上でした!

この講義のアイデアは構築主義的な学習理論に基づいています。

作ることで学ぶ!

0