研究テーマを決めるためにはどうしたらいいのでしょう?

この記事では,研究テーマを決める時に役立つ (かもしれない) 最初のステップをご紹介します。

最新の研究をユルく調べてみよう

卒業研究のテーマを決めないといけないな。先行研究でも調べてみるか。

面白そうな論文を見つけたぞ。

「・・・。」

だめだ。書いていることが難しくて,まったくわからない…

これは研究をはじめる時期に見られる行動パターンの1つではないでしょうか。この失敗を回避するためにはどうすれば良いのか,1つの選択肢を提案したいと思います。それは,「研究をわかりやすく紹介している記事を探すことからはじめる」という提案です。言い換えると,「最初から学術論文を読まない」ということになるでしょう。メディアが急速に発達して様々な人が記事を書けるようになったこともあって,近年では,心理学の研究をわかりやすく紹介してくれているサイトを多々見かけるようになりました。専門家でなくても分かるように書いてくれているので,研究とはどのようなものなのか,自分はどのような研究が面白いと思うのか,どのような研究がしてみたいのかなどなど,様々なヒントをもらうことができるでしょう。スタートの仕方を少し変えてみると,先の例の学生のような失敗は回避できるのではないでしょうか。「急がば回れ」です。

面白い研究ってどのような研究?

これまでに面白いなと思った研究を思い出してみると・・・

常識をひっくり返す研究。

新しい発見を報告した研究。

この2つは少なくとも該当するような気がします。どちらにも共通していることは,「驚きと興奮」を与える強烈なインパクトを持っていることです。新しいことが分かると,想像力がインスパイアされますよね。インターネット上で紹介されている研究の多くは一流の海外学術雑誌に掲載された実験や調査であることが多いので,国内だけでなく海外の様々な研究を幅広く知ることができるのではないかと思います。ただし,気をつけなければならないこともあります。研究結果に基づいたものではなく,実験や調査に基づいていない個人的見解を述べている場合もあります。インターネット上で紹介されている記事は,学術雑誌に掲載された研究論文を基にした記事かどうかを確認するようにすると良いでしょう。記事の最後に紹介した論文が紹介されているか確認してみてください。

どこに掲載されているの?

驚きを与えてくれる (カモシレナイ) 心理系の記事がよく掲載されているサイトをいくつか集めてみました。先に述べた注意事項に気をつけながら,面白いと思える記事を探してみてくださいね。

Psychology today (https://www.psychologytoday.com/)

英語ですが,タイトルを眺めてみるだけでも面白そうな研究が見つかると思います。

Psychological Science (http://www.psychologicalscience.org/index.php/news)

Minds for Business (http://www.psychologicalscience.org/index.php/news/minds-business)

最新の心理学研究が紹介されています。

ライフハッカー (http://www.lifehacker.jp/cat250/)

すべての記事が心理学ではありませんが,時に最新の研究が紹介されていることがあります。

イロリオ (http://irorio.jp/news/lifestyle/daily_habit/)

こちらも様々な記事があります。心理系の記事もあるので探してみてください。

研究テーマ探しをするとき,論文からはじめるのではなく,面白く紹介している記事から探してみると,自分がやってみたいと思える研究テーマに出会えるかもしれません。他にも様々なサイトがあるので,探してみてくださいね。