やってみたい研究がある程度まで定まってきたら,以下の5つのポイントをベースにしてさらに考え進めましょう。

 

1.どのような「問い」を立てるのか?

「研究テーマが決まったら」を参照して下さい。「イシューから始めよ」を一読することをおすすめします。

 

2.キーワードは何か? その定義は何か?

関心のある文献を読み続けていると,よく見かける専門用語があるはずです。その専門用語を書き出してみましょう。

例:メタ認知 『「自分の思考や行動」を客観的に把握する』ことができる能力のこと。

 

3.仮説を作る

自分で作った「問い」に対する「答え」を考えてみましょう。

 

4.「仮説」を検証するためには,どのような実験デザインが適切?

考えた仮説が「正しい答え」であるかどうかを科学的に確かめるための実験デザインを考えましょう。

比較する群はいくつ必要なのか?その比較から何がわかるのか?「比べる」ことをベースにして実験デザインを考えて下さい。

「1」で考えた「問い」を上手に定めることができていなければ,ここで手が止まります。

 

 5.「仮説が正しい」のであれば,どのような結果が得られるのか

もし仮説が正しいのであれば,どのような結果が得られるか,図を書いてみましょう。

 

6.実験手続きはどのようにするのか?

実験参加者の募集から,実験を終えてもらうまでの実験手続きについて書いてみましょう。

実験手続きに倫理的な問題はないでしょうか?

 

研究スタイルシートのダウンロード:研究スタイルシート