第1期生たちが巣立って行きました

IMG_1779

岡崎研究室の第1期生たちが巣立って行きました。
卒業おめでとう!

 2014年4月。7名の学生さんたちがここの研究室を選んでくれました。
岡山大学へ異動してまだ半年しか経っていない頃です。
『どのような研究室なのかまだわからないのに選んでくれてありがとう!
選んでくれたからには楽しい2年間だったと卒業時に思ってもらえるよう頑張ろう!』
と心に誓った日のことを思い出しました。

教師版人生ゲーム作り,ぬいぐるみお泊まり会,大阪旅行,東京旅行などなど。
何をすれば彼らにとって将来有益なのか,どのような方法で行えば楽しみながら学べるのか,
寝る時間を削って必死にできる限りのことを尽くした2年でした。
ゼミの企画は何回も考え直したし,
これでもか!!ってくらいに原稿を何度も何回も丁寧にチェックした。
でも苦しいと思ったことはなかったよ。むしろ,楽しかった。
暇を見つけては「どのように改善したらもっと楽しんでくれるだろう?喜んでくれるだろう?」
とゼミのことを考える時間がとても好きでした。

ぬいぐるみお泊まり会で新聞に掲載してもらった (生田さんが載った!) こと。
東京旅行1日目でなぜか男たちが築地で刺身を買ったこと。
サッカーの岡崎選手がゴールを決めた深夜3時になぜか僕にお祝いメールを送ってきたこと。
吉門さんがゼミをいつも盛り上げてくれたこと。
「焼肉師匠○○○八段」が誕生したこと。
森さんが「研究はロックだ!」と言ったとか,言わなかったとか。
佐藤さんが秋葉原で(自主規制)とか。
書ききれないほどに楽しかった思い出がたくさんあります
(今思い出すと,おかしな方向にいっているものばっかりだ…汗。いや,そんなはずは…)。

もちろんいつも順調というわけではなく,
あの時はあの伝え方で良かったのかと悩んだり,負荷をかけ過ぎてないだろうかと気になったり,
言い過ぎたのではないかと後々になって後悔したり。
叩かれるのはとても痛かったはず (それを知っていながら,叩く手も痛かったよ!)。

経験したことのない厳しくて辛い日がいつか来るかもしれないけれど,
これも1つの勉強。
『自分の周りの世界で起きることすべてが教材』
今でも時々思い出す恩師の言葉です。
社会は答えがわからない問題でいっぱいです。
同じ問題だと思っても,答えが全くちがっていたりすることは多々あります。

途中で止めることなく継続していたら何かきっと手がかりが得られるはず。
何かに困ったら,本を読みなさいよ!
過去に生きてきた人たちがたくさんの知恵を残してくれてるよ!
10冊くらい読めば必ずどこかにヒントはあるはずだから。

こんなことしか言えないけれど,みなさんの活躍を心から願ってます!
1年目は環境に慣れるだけで精いっぱいです。
無理し過ぎないように,元気でがんばって下さいね!

スライド2

楽しい時間を共有してくれてありがとうございました!

IMG_3714

きれいに咲いたよ!(2016年4月02日加筆)

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (3)
  • 応援してる! (6)
  • いいね! (0)
0

プログラミング教室を開きました in 岡山 2

本日はプログラミング教室の第2回目でした。最初は丁寧に教えるけれど,途中からはテキスト見てがんばってね!という感じで見守ってみました。「わかりません」の手がたくさんあがるどころか,隣にいる子ども同士でお互いに教え合いがはじまりました。

IMG_3700

うおー!って感じで立ち上がるほどに熱中していた子どもたち。

 

IMG_3704

たくさん時間がかかるはずなのに,あっという間にゲームを作り上げていました。
プログラムを変更したり,自分なりにアレンジを始めたり。私たちの予想をはるかに超えていました。

 

IMG_3696

子どもたちがプログラミングに触れたのは今日がはじめて。
でも理解力がものすごい…。
x座標とかy座標とかあるんですよ。変数の概念も含まれてるんですよ。
子どもたちは小学新3・4年生たちです。
こどもたちのポテンシャルの高さをはっきりと目撃した1日でした。

 

775e7a4f-2fcb-43ef-b554-54d1f8eeb040

参加してくれた子どもたちだけでなく,保護者のみなさんにも喜んでもらえたことが
とっても嬉しかったです。

うちの学生さんたちも褒めてもらえたし。
子どもの接し方が絶妙に上手い。
子どもたちが帰る頃,あのような感じで大学生から話かけられたら,
子どもたちはやる気がさらに高まっただろうし,また来たい!と絶対思ったはず。
話かけられた子どもたちだけでなく,
やりとりを見ていた保護者の方も笑顔になって帰って行く。とっても印象的でした。

 

IMG_3705

あなたたちの一生懸命にがんばる姿,かっこいいよ!
がんばる姿,楽しそうな笑顔,まぶし過ぎて見えねえよ!

 

IMG_3706

ちょいちょい入れてくる
おふざけには腹立つけどナ笑!
(でも,嫌いじゃない。むしろ好き 笑)

 

 

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (2)
  • 面白かった! (2)
  • がんばってるね! (6)
  • 応援してる! (6)
  • いいね! (1)
0

プログラミング教室を開きました in 岡山 1

IMG_3682せのお先生,子どもたちにプログラミングを教える。
もうすっかりプログラミングを教えることができる先生です。
後姿が自信に満ちている…。
うちの学部に所属する学生の中でプログラミングを教えることができる人は彼だけではないだろうか!
(親バカ全開でスミマセン…)

 

IMG_3683子どもの進み具合にあわせて,大学生たちがサポート。学生さんたちは子どもが本当に好きなんだナーと改めて思いました。

 

IMG_3687ゲームをプログラミングする子どもたち。予想していた以上に熱心に取り組んでいました。

 

IMG_3688面白ければ,多少難しくてもがんばるようです。
「がんばる」というよりも,「熱中」してる感じでした。すごい集中力でした。

 

IMG_3685全員,ゲームのプログラミングを最後までやり遂げた!
子どもたちには修了証がプレゼントされました。

 

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (1)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (2)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)
0

徹底した準備が自信につながる

プログラミング教室の開催まであと数日となりました。

大学生たちも準備を楽しんでいる様子でちょっと安心。

重要なところを担当するせのおさんはスクラッチ (プログラミング言語) の操作に熟練しているようで,成長著しいナー!とちょっと感動でした。スクラッチを使い始めたのは約半年ほど前のこと。何度も,何回もプログラムを作り直したのでしょう,プログラムを組むことに自信がついているような印象でした。

がんばっている学生さんたちを見ると励まされるし,見ていてとても気持ち良い!プログラミングの必修化が話題となっている昨今です。時間をかけたことが今後の彼らの将来のどこかで役立つことを願うばかりです。参加してくれる子どもたちがプログラミングの面白さに気づくきっかけとなってくれますように。

IMG_3674

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (2)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)
0