プレゼン大会:心理学的に正しい勉強方法

cat_study

どちらの勉強方法を採用する?

平成28年度の前期のゼミでは,心理学的に正しい勉強方法についてみんなで学びました。その方法を上手に伝えてみよう!ということで,2チームに分かれて,「賢くなる方法」と題してプレゼン大会を開くことにしました。今年は4年生 vs 3年生。どちらの勉強方法を採用するか,参加して下さる方々に1票投じてもらう予定です。

開催予定日時

6月4日 (土) 15:00 – 16:00
参加自由です。参加を希望する場合はお知らせ下さい。

残念ながら延期となりました。予定してくださっていた方々,大変申し訳ありません。(5月30日)

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (2)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)
0

Jobsスタイル

IMG_3935

プレゼンがとても上手なスティーブジョブズをリスペクトして,黒のTシャツとジーンズで発表。衣装にこだわったプレゼンはこれまでなかったので,これもまた新しいプレゼンでした笑。そこを攻めてきましたか笑!と学生さんたちの毎回の斬新なアイデアには脱帽です笑。

 

IMG_3934

何回も同じ練習を重ねることは良いことなのか。常識を覆す面白い研究の紹介でした。

自信がないと言っていたけれど,実際は逆でした。なぜこんなに話し慣れているのかと不思議に思うくらいに上手でした。自分の経験を各ポイントで織り交ぜてくれたので,聴いていて疲れなかった。プレゼンの方法,学生さんたちから学ぶことが必ずあります。

学生の頃,人前でプレゼンしてたら緊張しすぎて何を言っているのかわからなくなってしまうことがあったナー。なつかしい…(涙)。自信がなくても,自信もってるように話す。これは大切ですね。説得力が2割増になる感じでした。練習してすぐにできるようなものではないので,今日発表してくれた2人も良いスキルを持っているナー!と,ただただ感心でした。

 

IMG_3936

前回の発表者たちの良いところを積極的に取り込む姿勢,素晴らしい!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (1)
  • いいね! (0)
0

チームの一員として『自分は何ができるのか』を考える

無題

イベントの内容を協議する上で,現場の地図を調べてチーム内で共有しておく必要がありました。子どもたちに周ってもらうルートの作成等はまだ何も出来ていないから,そろそろ準備しないといけないナー。地図を用意しないといけないナーと思っていたら。

学生さんから地図の写真が届きました。

どのような情報が必要なのかを自分たちで考え,地図の必要性を見越して,現場へ行って自主的に調べて写真を撮ってきたようなのです。「調べておいてね」なんて言っていなかったのに。自発的に考えて,行動して,調べて,送ってきてくれた写真。一見すると,マップを写した「タダ」の写真ですが,ちょっと思い出が含まれた「タダではない」写真となりました。素晴らしいナー!と感動的だったので記念に記事にしてみました。

チームの一員として『何ができるのか,どのような貢献ができるのか』を考えて,それを実行する行動力。

とっても素敵!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)
0

今、何時ですか?

と尋ねたら,

「っそおぉ!ねぇー!だぁいたぁいねぇー!」(byサザンオールスターズ)

と返事が返ってくるくらいには,研究室に慣れてくれたみたいです。3年生たち,今日も元気です。

IMG_3903

ポスターの原案をやぶきさんとみたにさん (feat. TAMAI) が作成してくれました。

IMG_3904

出し合ったアイデアをカタチにしてくれた,くわのさん (feat. MAEDA)

これは何のデザインなのか,まだ秘密。

それにしても,学生さんたち,絵が上手です。

意外に描けるのかもしれない!と素敵な勘違いをして挑戦してみたクマの絵がこちらです。

IMG_3909

上手なネズミが描けました(涙)。

いやいや,クマですよ。どこか何かちがう…。クマなんですきっと。でも,クマじゃないんです(涙)。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (1)
  • 面白かった! (2)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)
0

「美」は細部に宿る

学生さん達のプレゼンは今回で5回目を迎えました。

先に発表した方々の良いところを積極的に取り入れるだけでなく,何か1つ以上の新しいものを取り入れてプレゼンに望んでくる学生さんたちのモチベーションの高さがすごい…。

IMG_6904

前回の発表内容の復習からスタート!これはまだ誰もしていなかった新しい方法でした!

前回の内容を簡潔に紹介してくれたおかげで,「前回の内容」と「今回の内容」の間で何がリンクしているのか理解できました。「理解度が1つ上な感じ」がして分かりやすい感じ。スッと入ってくる感じ。授業の最初の「振り返り」は大事だナーと思いました。

IMG_3890

書いてある実験内容を単に紹介するだけでなく,「体験」させて理解させる。他の発表でも行われていたのですが,用意している資料が作り込まれていて,とても綺麗。

これぞ「資料」なり。という感じ。

「作成する資料の「丁寧さ」はプレゼンの印象をとても良くする」と実感。

IMG_7623

何事も丁寧に作る姿勢って大事ですよね。丁寧な取り組みができる人ほど成長が早いはず!

それにしても,学生さんたちはいつも楽しそう!こちらまで楽しくなってしまうとか,ならないとか。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (1)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (2)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)
0

楽しそうに話していると、聞いている人も楽しくなる

IMG_3874

本日のテーマは創造性。担当は3年生たち!

4年生たちに勝るとも劣らない,工夫を凝らした素晴らしいプレゼンテーションでした!

 

IMG_3876

最初は問題から始まりました。

「6本のマッチ棒を使って4つの正三角形を作って下さい」。うーむ…。わかりません!

どうすれば正三角形を4つ作ることができるのか,みなさん真剣に考えております。

 

IMG_3875

アイデアの閃きを得るためには「孵化」という,さきほどまで考えていた内容と関係のないことを何気なく行う時間が必要とのこと。

この「孵化」の効果を体験させるために,プレゼンの最後にもう一度挑戦させる,という構成力の高いプレゼンでした。確かに時間を置いてからもう一度挑戦したら閃いた笑!

なるほどナー!体験型のプレゼン!新しい!!だから最初に問題を出したのかー!!とても感心しました。

これは良いナ!と思ったことは,発表者たちのとても楽しそうな感じ。何て言えばいいのでしょう,ワイワイ感?お祭り感?(たぶん違う,きっと違う笑)。とても楽しそうにプレゼンしていたので,周りの学生さんたちも楽しくなってきたのか,これまでのゼミの中で最も盛り上がりました。これはとても良いスキル!いいもの持っている学生さんだナーと思ったとか,思わなかったとか(思いました!)。

聞き手を巻き込むためには,まず「発表者自身が楽しそうにしていること」が大切なのかなー,と思った次第。講義も教員が楽しそうにしていないといけいナーと。

学生から学ぶことはたくさんあります。今日もまた1つ成長してしまった…。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (2)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (4)
  • 応援してる! (1)
  • いいね! (0)
0

努力してることを忘れるほどに今を楽しむ。

本日も楽しそうにミーティングをしている3年生たち。

IMG_3851

参加してくれる子どもたちに思いっきり楽しんでもらうことを目標に掲げ,案を出し合う学生さんたち。初めて取り組むことなので,いろいろと難しい局面は多々ありますが,楽しみながら取り組むことを最優先としています。努力していることを忘れるほどに楽しんで取り組んでいたら結果がついてくるのではないかなと思う今日この頃です。

今日はイベントのタイトルをみんなで考えました。各学生さんたちが出したタイトル案をお互いに採用し合いながら考えた結果,全員がイイね!と思えるタイトルにたどり着きました(アイデアを最も多く提案してくれたのは,たまいさんでした!歩くアイデアウーマン賞!)。

協力して知恵を出し合い,前人未到(だと思いたい。)のイベントを準備する楽しさを学生さんたちと共有できるって贅沢だなと思ったとか,思わなかったとか。毎週楽しみにしている時間の1つです笑。学生さんたちの斬新過ぎる案がたくさん出てくるので,それが何とも言い難いほどに面白いです笑。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (3)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)
0