研究ミーティング:博多

img_8171

助成して頂いている研究のミーティングのため,博多へ。同じの目標に向かって仲間と一緒に走ることができた,夢のような1年でした。『何を研究するのか』だけでなく,『誰と一緒に研究するのか』も大事だよと教えて下さった恩師の言葉の意味がとてもよくわかった1年でした。大きな目標に一緒に挑戦してくれる仲間は本当に大切。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (2)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)
0

2016年最後のゼミ

img_3163

おかげ様でとても充実した1年になりました!今年は新しいことに2つ挑戦しました。1つは,拡張現実を利用した大規模なイベント 。もう1つは,プログラミング教育。1人では到達できなかった,とても高いところまで登ることができました。ひとえに学生さんたちのおかげです。

 

fullsizerender

学生さんたちがとても楽しそうにしていると,嬉しくなりますね (> <)!「学生さんたちの笑顔」は,研究室の運営がうまくいっているかどうかのバロメーターなのかもしれません。2016年はとても幸せな時間でした!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (3)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)
0

プログラミング教育実践:指導案を考える

img_6285

学生さんたちが作成したプログラミング授業の指導案。学生さんたちが真剣に協議している姿,見ていてとても頼もしいです。

01月18日(水)に小学5-6年生を対象に,学生さんたちが小学校で授業します。

初めての実践例。誰もわからない領域に挑戦しているのだから,失敗するリスクはつきもの。万が一で仮に失敗したとしても,その方法では効果がないことを「発見」したのだから,これも1つの進歩です。失敗を恐れずに,果敢に挑戦してほしいなと願っています (失敗しないために,何回も協議を重ねているので大丈夫!)。

今回の経験が全力で挑戦している学生さんたちの将来につながりますように。学生さんたちが一生懸命に作った授業が子どもたちの未来につながりますように。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (4)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (1)
0

公務員試験と卒論について(学生レポート)

私は教員ではなく市役所などの公務員試験を受けたので教員を目指す方にとっては参考になるかは分かりませんが、自身の体験記として試験のことや卒論のことについて綴りたいと思います。

 

〇公務員試験

12月~1月

私は教員採用試験ではなく公務員試験を受けました。大学でも公務員講座というものが6月頃から始まるのですが、私が市役所などの公務員を目指そうと思ったのが11月でしたので膨大な量の試験範囲を網羅することは独学では間に合わないと感じ、予備校(東京アカデミー)に入りました。勉強を始めたのが12月に入ってからで、初めて目にする法律や経済学などに関しては全く分からない状態だったので試験までに間に合うのかどうか危機感を感じていました。そのため、空いてる時間があれば予備校で今までに行われた授業のDVDをひたすら見てなんとか知識を詰め込もうとしました。夜には予備校で授業を受けて、それが終わったらバイトに行くという生活が続きました。今思えばよくやれたなと思います(笑)。しかし、たくさん勉強しなくてはと焦っていたので浅く広く勉強してしまい、問題を解く時には忘れてしまっていました。早い段階から余裕を持って勉強しておくことをオススメします。

2月~6月

2月から問題集に取り組みました。実際に出題された問題が載っており解説も詳しく書かれていたので、問題集を解くことは教科書や参考書を読むよりも私にとっては効率的でした。よく出題される問題の傾向もつかむことができたので、ひたすら問題を解いて解き方を学んでいきました。自分が目指すところの過去の試験でどのような問題が出題されているのかを調べておいておく必要はあると思います。3月~4月頃は勉強に対するモチベーションが下がってしまう時期でもありました。そのため、私はボランティアに参加するようにしました。面接や事前の面接カードではボランティアについて聞かれることが多いのでボランティアは参加しておいて損はないです。教員を目指す人は学校支援ボランティアなどに参加して、そこで感じたことなどをメモしておくと良いと思います。岡山市役所の試験が6月にあったので5月~6月は図書館にこもって勉強していました。教科書や参考書などを複数広げながら勉強する私にとって図書館の広い机はとても勉強しやすかったです。あんなにこもったのは家庭科の時以来でした。また、全部の範囲をしていては時間がないと思ったので捨て科目を作りました。公務員試験はとても範囲が広く、よく出る分野とあまり出ない分野が分かれているので、よく出る分野は絶対に落とさないようにしようと意気込んでいました。岡山市役所の一次試験では筆記と論文があったのですが勉強にばかり集中していたので論文についてはこれといった対策ができていませんでした。焦って参考書を買って書き方をおおまかに把握しておいたのと、過去問や最近のニュースなどから出題されそうなテーマを予想して臨んだ程度です。論文は実際に書いておかなければ本番にスラスラ書けないと思うので、時間がある早い時期にしておいた方が良いです。自分の中で書き方のパターンや決まり文句みたいなものを決めておくと書きやすいかもしれません。

7月~10月

岡山市役所では二次試験に面接があったので一次試験が終わってから面接対策に取りかかりました。予備校には過去の受講生がどのような質問をされたかなどの一覧をまとめている資料があったので、質問の一つ一つに自分だったらどのように答えるかをノートに書いて今までの出来事や経験などを基に整理していきました。それを予備校の先生に見てもらって添削してもらい、模擬面接をしてもらうといったことを繰り返して練習しました。家でも正しい姿勢を維持しながら話せるよう練習をしました。話すことに集中して姿勢が崩れてしまうことがあると思うので事前にしっかりと練習しておいた方が良いです。最近のニュースや気になったことなども面接でよく聞かれる項目なのでニュースなどは欠かさず見るようにし、それについてどう考えているのかをまとめるようにしていました。試験本番では予想もできない質問もされたので様々なことに対して興味を持って自分なりの意見や対策法などを考えておくことも大切だと思います。

 

〇卒論

12月~4月

卒論のテーマについては3回生の12月頃から考え始めました。最初は今取り組んでいるものとは別のテーマで取り組んでいましたが途中で変更し、現在はプログラミングに関するテーマで進めています。3月頃にはプログラミングのイベントを行う計画だったので、試験の勉強の合間にイベントに関する準備などを進めてきました。イベントが終わってからは試験に集中するために卒論はしばらくお休みしていました。卒論を書き始めるまでに時間が空くと思っていたので、その時の準備の様子や思ったことを忘れないようにメモをするように心がけていました。もし同じように事前に実験などを行う場合はその時の様子や準備などをメモしておいた方が良いと思います。「方法」を書く時に苦労するので、参加者、用いた道具、内容、期間などの詳細はきちんとメモしておきましょう。

10月~12月

私は公務員試験の方が10月まであったので改めて取りかかったのは10月からでした。月末には中間発表も控えていたので卒論についての目的や方法などを改めて確認し、中間発表の資料作りを行いました。初めて目的と方法を自分なりに書いてみたのですが、目的の部分では他の資料の引用を多用してしまい、自分なりの言葉で書けていなかったことが反省点となりました。初めてのことでどのように書いたらよいのか分からないかもしれませんが、まずは文章の構成をしっかりと行い、自分の言葉で読み手のことを意識しながら書けると良いと思います。中間発表の資料は見てもらう相手のことを意識してシンプルかつ分かりやすくまとめるようにしました。文字ばかりになって見にくくならないよう色分けしたり、図や写真を用いるように心がけました。

私は11月には副免実習があったので実習が終わった後にデータの分析に取りかかりました。分析には2回生の時に学んだSPSSなどの統計ソフトを用いるので、資料などはしっかりと取っておきましょう。私の分析にはSTARという統計ソフトを使用しました。STARはとても分かりやすく簡単なのでオススメしておきます。現在は先輩の論文や自分の研究に関する論文を読んで、論文の書き方や研究の目的などについて学びながら執筆しているところです。12月中にある程度完成させておくと後が楽になると思います。

 

最後に

私の勉強法としては、まずは問題集を解くことをオススメします。問題を解いてみて問題に慣れて、分からないことは解説や参考書を用いて覚えていくといった勉強が効率的でした。また、自分はまとめることが好きなのでよく出るポイントや重要なところを自分なりにまとめ、試験の当日には最終確認としてそれを見るようにしていました。人によって勉強方法は異なると思うので自分に合った勉強法を見つけて実践してください。勉強する期間も長いので時にはゆっくり休む日も決めて、体調には気をつけましょう。不安なことも多いと思いますが、友だちや先生などに相談したり頼ったりもしながら最後まで諦めず、絶対に合格するといった強い意志を持って心理の皆と共に頑張ってください!!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (4)
  • 面白かった! (2)
  • がんばってるね! (3)
  • 応援してる! (3)
  • いいね! (2)
0

教員採用試験(後輩たちに伝えたいこと)Part1(学生レポート)

後輩たちの教育実習が終わり、教師になりたいという強い気持ちがビシビシ伝わってきます。本当に岡大附属の先生方は素晴らしいです。
自分も昨年の今頃から熱が入り、しかしその反面、何をすればいいのかわからず途方に暮れていました。その時に、道しるべとなったのが先輩の体験記でした。
最近後輩たちからもよく教採について質問されるので、改めてこの場を借りて自分なりの答えを述べていこうと思います。
あくまで、自分がしてきたことであって、これが正解ではないので、みなさんには自分より一つ、いやそれ以上、上のステップを目指して頑張ってほしいです。
実際にどの時期に何をしていたのかを書いていく方が現実味があってわかりやすいと思うので、それを今から書いていきます。

【12月-3月】

教職相談室に行き始めたのが12月でした。教職相談室で何をすればいいの?って疑問持っている人もいてると思うので、詳しく説明します。
12月~3月はできるだけ相談室に行くようにし、過去のDVD(講演会)を見ていました。教師になる心構えからいじめ対策やICT活用といった具体的な場面指導まで、様々なジャンルのDVDがあり、楽しく見ることができました。先生におすすめを聞いたらいいと思います。間違いなかったので。初めに見たいと思ったものをすべてリストに挙げ、結局3月までに見終えました。友達と一緒にDVD予約して行くのもいいと思います。
下で詳しく説明しますが、小論文も相談室で添削してくれます。初めての小論文は書くの難しいと思うんですが、見本例をみせてもらったり、先輩のを見たりして、ある程度の形式をつかんで、とりあえず書いてみようの気持ちでやってみてください。一つ書けばコツをつかんで、やる気になります。とにかくやってみようの精神が大切です。
面接練習や模擬授業対策もしてくれます。これは一次試験が迫ってきたくらいの頃からで大丈夫だと思います。結局自分の芯が定まっていなければ意見もぶれぶれになると思うので、まずこの時期は自分探しの旅とでも名付けて、とにかくいろんな経験をしてください。面接練習は5月から、模擬授業は一次試験が終わってから始めました。
相談室と同時に始めたのが、受けたい県の過去問挑戦とボランティア活動、小論文、教職教養です。何の知識もないまま臨んだ過去問は3割5分くらいでした。先輩が同じことをしていて、面白半分で自分もしてみたのですが、挑戦してよかったなって思っています。というのも、これから勉強すればするほど点数は伸びていくので、初めの基準ができ、モチベーション維持にもつながるからです。「1か月勉強したら4割届いた!」と、比較できるのがいいなと思いました。今の時期に解いてみることをおすすめします。点数とれなくて当たり前。落ち込まないでください(笑)
小論文は、岡山県の過去問をひたすら解きました。といっても6年分くらいです。ある程度書けば書き方はわかるので、受けたい県に切り替えて、そっちを重点的に書くようにしました。3月までは岡山の小論文を解き、そのあとは月1ペースで地元の小論文を書きました。合計9つ書きました。小論文は自分の理想を書ける夢作文のような気もします。「いじめをなくすためにこんなクラスを作りたい」「子どもの個性を育むためにこうしたい」と。ただ夢を書くだけでは根拠がありません。その根拠探しをするために、本を読んだりボランティアに行くのもいいですね。
ボランティア活動は、相談室の先生に勧められ、津島小学校に行くことになりました。ペースは週1くらい。ただ行くのではなく、目標を決めていくことをおすすめします。自分は「どんな子どもを育てたいか」「どんなクラスにしたいか」といったことを担任の先生から聞き、そのためにどんな取り組みが自分にはできるのか、そして将来担任となった時に、どのような考えを持ちたいか、だいたいこんなところに焦点をしぼって学校に行っていました。面接でも実際に聞かれます。「どんな先生になりたいか」「〇〇な場面であなたならどうするか」抽象的なことから具体的なことまで細かく聞かれます。面接対策といったらいやらしいかもしれませんが、教採の面接質問集などに一度目を通し、その答えを探しにボランティアにいくのもいいですね。面接で答える時に具体的な経験談に勝るものはありません。自分だけが持つオンリーワンの答えなので。そんな答えをたくさん見つけてほしいと思います。
受験科目には『教職教養・一般教養・小学校全科』と県によっては違うんですがおおまかに3つあります。一般教養や小学校全科はこれまでの受験で勉強してきたこともあり、少しばかり知識はあるような気がしたので、まずは何も知らない教職教養から始めました。使用した参考書は東京アカデミーの教員採用試験対策という本です(小学校全科も同じ)。教採にはメジャーな参考書なので、マスカにもどーんと置いてあります。セサミノートという穴埋め式教科書から始めました。初めはほんまになんもわからないんですが、とりあえず答えをうつして、言葉をさらっと頭の片隅にでも残し、2回目から「今日はここからここまで覚える」と目標をあてて、とにかく暗記しました。3か月を目安にして取り組んだので覚える量も1日で換算するとそこまでです。一冊って考えたら重たいかもしれませんが、「コツコツと覚える」をモットーに頑張ってみてください。おそらくこれまでの講義ちゃんと聞いておけばよかったと後悔するのもこの時ですが、時すでに遅しなので、気合でこれから知識身につけていきましょう(笑)
%e6%95%99%e8%81%b7%e6%95%99%e9%a4%8a

【4月】

中だるみの時期でした。春休みコツコツと勉強して、その反動が来ました。教採まであと4か月に迫り、焦ってはいるものの、周りは新歓ムードで、何かやる気出ませんでした。もし教採だめだったらこの時期を後悔していたと思います。一応勉強はしていて、小学校全科に取り掛かり始めました。国数理社の主科目に加え、家庭科体育音楽図工生活の副科目とやること盛りだくさんです。やる気がある時は全然わからない副科目を覚え、しんどい時は主科目を昔の知識を思い出しながら取り組みました。ここでしんどくなるのが、学習指導要領の暗記だと思います。教職教養一通り終えて、全科も覚えはじめ、さあもう一度過去問解いてみようとチャレンジして、打ち砕かれるのが学習指導要領の問題です。結論からいうと、全部は覚えきれませんでした。無理にこの時期から覚えようとはせず、試験までにある程度は覚えておこうというくらいの気持ちで大丈夫かと。まずは、学習指導要領以外をマスターできるように頑張ってみてください。
%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%85%a8%e7%a7%91

【5月-7月】

ゴールデンウィーク終わりに、自分のスイッチが完全にオンになりました。遊ぶ時間も欲しかったので、確保しつつ、週〇は図書館行くと決めて、行くようにしていました。朝は苦手だったので昼から開始で、昼から夕方までは図書館、夜からは研究室と、基本このリズムで勉強していました。暗記系は一人で勉強するほうが効率よかったので図書館で行いました。研究室では心理のメンバーと集まり、晩御飯を食べる→雑談→問題の出し合い。この流れで毎日過ごしていました。友達と勉強するのはとてもいいことだと思います。自分よりも勉強していることがわかり焦って自分を奮い立たせることもできるし、また自分の方が勉強していることがわかれば自信になるし、双方を得られるのでとてもいいです。自分が闇雲に暗記したものより、友達が答えたもののほうが意外と頭に残っていたりして、そういう記憶ほど、当日の試験で蘇ってくるので、ある程度暗記して知識もついたと思ったら、1日の少しでもいいので、時間を割いて、友達と勉強するのをおすすめします。勉強内容について詳しく説明しておきます。小学校全科は6月半ばまでに終わらせました。4.5月でほとんど暗記して、6月には問題集(東アカ)を解き始めました(教職教養も並行)。毎日暗記だけではつまらないので、問題集をしたり、過去問を解いたりして、刺激をもらっていました。ここでだんだんと解ける率があがってきたらベストです!そうなることを願っています。一般教養を始めたのは5月です。結局範囲が広すぎて、自信を持つことはできませんでしたが、空き時間に少しずつ問題集を解いたり、参考書をみたりして、できる問題を増やしていきました。文系なら理系科目が難しくて、理系なら文系科目の暗記に苦しめられるはずです。友達と支え合いながら頑張ってください。結局、一般教養の問題集は一度しか通ることができませんでした。教職教養・小学校全科はだいたい答えを言えるくらいまでやりました。6月は中学校実習ある人もいてると思いますが、勉強できないと嘆いたところで変わることもないので、実習には小学校実習と同じくらいの高いモチベーションで臨んでほしいと思います。結局いってよかったって思えるので(笑)

そのあと、7月にはいろいろな会社が試験対策として、「試験に必ず出る?予想問題集」みたいなものを発売しだすので、友達と共有して何冊か購入し、解きました。試験まで1か月を切り、追い込みの時期なので、ある程度自分にプレッシャーをかけながら、また友達とわいわいしてこの1か月を楽しく乗り越えてほしいと思います。

長々と述べてきましたが、最後に教採までにしてよかったなと思うことを箇条書きで書いていきます。
・ビリギャル鑑賞(勉強へのモチベーションが高くなった)
・附属の先生とメールできる仲でい続けた(困ったときには本当にいいアドバイスをくれます。先生を大切に!)
・附属やインターンシップ先の公開授業や学習発表会(子どもがくれるパワーはものすごいです!)
・ボランティア(これが一番教採合格には欠かせなかったと思っています。語れる経験を多く積んでください!)
・友達と勉強(お互いに高め合える、心理はそんな素晴らしいところです)

とりあえず、教採始まるまでの流れをざっと書いていきました。教採期間をどう過ごしたのかは、また別の記事で書きたいと思います。
教採合格できることを願っています。そのためなら何でもしたいので、質問あればいつでもどうぞ。応援しています!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (2)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (6)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)
0