研究ミーティング:博多

img_8171

助成して頂いている研究のミーティングのため,博多へ。同じの目標に向かって仲間と一緒に走ることができた,夢のような1年でした。『何を研究するのか』だけでなく,『誰と一緒に研究するのか』も大事だよと教えて下さった恩師の言葉の意味がとてもよくわかった1年でした。大きな目標に一緒に挑戦してくれる仲間は本当に大切。

0

2016年最後のゼミ

img_3163

おかげ様でとても充実した1年になりました!今年は新しいことに2つ挑戦しました。1つは,拡張現実を利用した大規模なイベント 。もう1つは,プログラミング教育。1人では到達できなかった,とても高いところまで登ることができました。ひとえに学生さんたちのおかげです。

 

fullsizerender

学生さんたちがとても楽しそうにしていると,嬉しくなりますね (> <)!「学生さんたちの笑顔」は,研究室の運営がうまくいっているかどうかのバロメーターなのかもしれません。2016年はとても幸せな時間でした!

0

プログラミング教育実践:指導案を考える

img_6285

学生さんたちが作成したプログラミング授業の指導案。学生さんたちが真剣に協議している姿,見ていてとても頼もしいです。

01月18日(水)に小学5-6年生を対象に,学生さんたちが小学校で授業します。

初めての実践例。誰もわからない領域に挑戦しているのだから,失敗するリスクはつきもの。万が一で仮に失敗したとしても,その方法では効果がないことを「発見」したのだから,これも1つの進歩です。失敗を恐れずに,果敢に挑戦してほしいなと願っています (失敗しないために,何回も協議を重ねているので大丈夫!)。

今回の経験が全力で挑戦している学生さんたちの将来につながりますように。学生さんたちが一生懸命に作った授業が子どもたちの未来につながりますように。

0