プログラミング大戦:協力してボスを倒そう!

第2回目の「塗りつぶし王」企画です。第1回目はコチラ

とてもありがたいことに今回も満員御礼でした!

 

ルールは簡単。「画面をたくさん塗った人が勝ち」。

「色をたくさん塗る」プログラミングです。

今回は2部構成にしてみました。

前半:王者決定戦(1 vs 1)

後半:2人以上でチームを組んでボス(大学生)を倒す企画

 

第2回 王者決定戦:改善を重ねて王者に返り咲く

勝った人がプログラミング王者として君臨。挑戦者を待ちます。

負けてしまったら再び挑戦者に降格。勝った人が新たな王者です。

ぜひ見てほしいところは歴代王者の名前。

負けてもプログラミングし直して再び王者に返り咲いているんです。

勝負を通してプログラミングの腕を磨いている感じが素敵でした。

「こんなのでは勝てない!」「もっと早く塗るためにはどうすればいいんだろう?」

試行錯誤している様子がうかがえました。

第7代目王者として再び返り咲いたiorn2君。

 

初導入:チームでボスに挑む

今回から初めて「チーム戦」を取り入れてみました。

「チーム戦」は大学院生さんたちが発案してくれました。

後半からボス(大学生たちがプログラミング)が登場。

子どもたちは2人で1組になってボスに挑戦します。

勝てなかったら3人で挑戦してもOK。それでも負けたら4人で挑戦!

勝った時の喜びは個人で勝った時よりも大きいみたいでした。

喜びを分かち合うって良いですよね。

協力して目的を達成するという方向性は良いのかも。

お互いに初めて会った子どもたちでしたが,楽しそうに協力し合っていました。

 

30分を過ぎたあたりからボスに挑むチームが増えてきました。

挑戦回数は無制限にしているので,後半になるとちょっと渋滞しました。

 

王者のプログラムの読解を試みる子どもたち。

王者のプログラムから学ぼうとする姿勢が自発的に起きていました。

「通りで勝てないわけだ!」「すげえ!」「これはチートだね。」

などなど。いろいろなつぶやきが聞こえてきました笑。

 

子どもたち(2名)が協力してボス戦に初めて挑戦したときの様子です。

挑戦者(子どもたち):ミドリ色

ボス(大学生):オレンジ色

 

試行錯誤を重ねた結果,ついに大学生に勝ちました!

次回は8月中旬を予定。

0

アマガエルたちの決闘

今月のWhy!?大喜利のテーマは「雨」。

「雨」と言えば「アマガエル」!ということで(?)

カエルたちの縄張り争いを時代劇風に表現してみました。

 

「勝負!」と表示された後、早くキーを押した人が勝ち!

プレイヤー1(紫):スペースキー

プレイヤー2(緑):上矢印キー

0

塗りつぶし王にオレはなる!

プログラミングで対戦するワークショップを開催してみました!

 

ルールはとても簡単。

色をたくさん塗った方が勝ちです。制限時間は10秒。

 

作り方とルールの説明

説明はエゾエ君(中学1年生)とウチダ君(小学6年生)の2名が担当。

「共通にしておく部分」と「自由にプログラミングして良い部分」があり,

「共通にしておく部分」の作り方を説明してくれました。

エゾエ君たちの説明に従ってプログラミングを始める子どもたち。

「共通にしておく部分」の説明が終わった後,フリータイムに突入。

子どもたちは「自分のキャラクター」を自由にプログラミングしました。

 

強いプログラムが生き残る:王者交代制

企画運営サイド(私たち)が初代王者として君臨。

子どもたちは挑戦者としてスタートします。

対戦は次のようなルールでした。

(1)勝ったら第〇代目王者になれる

(2)負けたら挑戦者に戻る

(3)挑戦は何回でもOK

(4)王者は負けるまでプログラミングできない

 

王者は「王者のイス」に座って挑戦者を待ちます。

スタートから約5分後,1人目の挑戦者が現れました。

どちらが勝つのか!?

勝敗の行方を見守る子どもと保護者たち・・・。

 

残念ながら挑戦者(オレンジ色)は敗退。

判定結果が表示されたとき,

会場から「あー(惜しい)…」というココロの声が漏れ聞こえてきました(笑)。

スタートから約10分後,ついに新しい王者が誕生しました。

王者の交代が激しく続き,

約1時間で王者は第15代目に到達。

 

王者の称号

誰が王者なのか,一目でわかるように,

「王者だけが持つことを許された杖」を用意しました。

その杖とは・・・。

 

ネコの手。かわいいですよね。

「ネコの手じゃないよ!伝説の王者の杖だから!」

と説明して次の王者に手渡したのですが,

「こんなの恥ずかしいわ(笑)!」と言われて,投げ捨てられました(汗)。

用意を忘れて急遽テキトーに用意していたことがバレました・・・(;’∀’)

 

あきらめない。負けても再挑戦。

私たちが驚いたことは,子どもたちの挑戦回数。

負けても何度も作り直して王者に挑み続けます。

負けたらすぐに自分の席に戻って熱心にプログラムを改善していました。

とても強い王者が現れると,

「勝てない・・・」と感じて途中で挑戦をやめてしまう子どもがいるかも・・・。

と思ったのですが,杞憂でした。

挑戦者たちの勢いが衰えることはなく,

プログラムが完成したら,「イザ!腕試し!」という感じで積極的に挑んでいました。

 

プログラミングを探究する

子どもたちは「勝ちたい!」の一心でひたすらプログラミングと向き合います。

王者のプログラムを読み解こうとしたり,

大学生を呼んで支援をお願いしたり,

友達同士でプログラムを見せ合って相談したり。

最初から最後までとても楽しそうな雰囲気でした。

 

慣れてきたのかな?

短時間で改善版のプログラムを持ってくるようになったので,

途中から挑戦者たちの渋滞が発生しました。

 

激しく手をあげて何度も「こっち来て!」と呼び続ける子どもを発見。

なんだろう!?

慌てて駆け寄ると・・・,

耳元で「さいきょーなプログラムを作ったの!」

とヒソヒソ声でプログラムの完成を伝えてくれました(笑)。

これが噂の「キュンジニ」でしょうか。

とてもかわいらしくて,膝から崩れ落ちました。

何回も改善を施してやっと満足できるプログラムが完成したのかな?

「湧きあがる喜びを伝えずにはいられない!」とった様子でした笑。

楽しみながら強いプログラムを探究していたので,

総合的な学習の時間で利用できる企画かも。

 

開催して分かった課題

(加筆予定)

 

謝 辞

三重県でプログラミングワークショップを開催しているLittle Coder Mie 様プログラミング対決を参考にさせて頂きました。開催の許可を下さり,誠にありがとうございました!

判定プログラムはロジックラボ for kidsの大角先生が作成して下さいました。子供たちが作りやすいように丁寧な工夫を施して下さり、誠にありがとうございました!

人と未来の科学サイピアのスタッフの皆さまのおかげで今回も無事に終えることができました。毎回とても丁寧に対応して下さることに深く感謝申し上げます。ありがとうございました!

0

夏休みの宿題が終わらない?

夏休みの宿題を終えたカツオくん

夏休みの宿題と言えば,「カツオくん(サザエさん)」。

いつも親に宿題を手伝ってもらってばかりなのですが,

数年前,ついにカツオくんは夏休みが終わる前に宿題を終えました。

「ええっー!?」ですよね。

Twitterで「カツオが宿題を終えただと!?」等々,

話題になっていました。

 

どのような計画を立てた?

夏休みの宿題はとても多いので,計画を立てますよね。

子どもの頃,どのような計画を立てましたか?

長いお休みの中,どのように宿題を終える予定なのか,

宿題に取り組む「計画」を子どもたちに尋ねてみました。

(今回は冬休みを対象にしました)

 

計画タイプは以下の3つ。

 継続型  ・・・毎日少しずつ宿題に取り組む計画

 前半集中型・・・早く宿題を終える計画

 後半集中型・・・休みが終わる頃になってから宿題に取り組む計画

 

調査の結果

毎日少しずつ宿題をがんばる計画(継続型)を立てた子どもたちが約半数。

残り半数は,早く宿題を終える計画(前半集中型)でした。

 

さてさて。子どもたちは計画した通りに宿題に取り組むことができたのでしょうか?

毎日少しずつ頑張る計画(継続型)を立てた子どもたちは,

計画した通りに取り組むことが出来ていました。

問題は,早く宿題を終える計画(前半集中型)を立てた子どもたち。

約半数以上の子どもたちは計画と取り組み方が一致していませんでした。

(夏休みも同様の結果が得られています)

 

子どもの頃,立てた計画はいつも破綻していたので,

計画通りにできなかったことに対する罪悪感がいつもありました。

 

子どもたちは,上手な計画の立て方を知らない(学ばない?)ので,

計画に関する支援が必要なのではないかな。

時間を上手に管理することは大人でも難しいので,

子どもだったらなおさら難しいはず。

できることなら,何とかしたい。

 

理想的な(?)夏休み

もし夏休み中は自由にして良いとしたら,

興味関心が赴くままに,ひたすら好きなことに没頭したかった。

何か足りないことがあれば,自発的に調べたり行動したりするから,

学習の質は高く,十分な学習量に値する気もする。

好きなことを「探求」した結果,夏休み前よりもレベルアップした状態で

新学期を迎えることができるし,達成感を得ているので自信がついているはず。

 

夏休み明け,何を成し遂げたのか友達や先生たちに言いたくてしょうがない。

そんな夏休みを作れないかナー。

好きなことに対して時間を好きなだけ使えて,

学力も知らない間にUPしている夏休みを提供したい。

 

引用文献

岡崎善弘・徳永智子・高村真広・井邑智哉 (2016).

冬休みにおける小学生の宿題の取り組み方と学業成績の関連.

発達科学研究教育センター紀要, 30, 29-40.

0