ヤル気スイッチをONにする方法を考える

switch_on

平成27年度の後期ゼミでは,モチベーションの12の理論をみんなで学びました。その知識を実際に使って考えてみよう!ということで,2つのチームに分かれて,「どちらのチームが上手に理論を使いこなしてヤル気を引き出すか大会」を開くことにしました。

どちらのチームが上手に理論を使いこなしてヤル気を引き出すか大会

大会内容は以下のような計画を考えています。

1. ヤル気が湧かない子どもの想定
どのような子どものヤル気スイッチをONにするのか,子どもの具体的な特徴や性格 (仮想) などを各チームが紹介します。これは,次の「2」を話すための導入です。親になった時や教員になった時を想定してリアルに描きます。

2. ヤル気のスイッチを入れる方法の提案
「1」で紹介した子ども (仮想) に対してどような方法でヤル気スイッチをONにするのか,モチベーションの理論を応用した具体的かつ面白い (?) 方法を提案。

開催予定日

発表時期は近日中に紹介します。この大会は公開するので誰でも参加OKです。どちらのチームが提案した方法を使いたくなったか,1票を投じることもできますよ!心理学の理論を知ることで,いろいろなアプローチができるようになることを体験できるのではないかな!

開催日:1月20日(水) 12:00-12:30 (1月2日更新)

SNSでもご購読できます。