わくわく子どもまつり2016に参加してきました

img_5990

わくわく子どもまつりin岡山ドーム。学生さんたちと一緒に参加してきました。

 

img_6012

大阪工業大学の石井先生が作って下さった拡張現実 (クマが絵本を読んでる) とプログラミング (Scratch) の紹介をさせて頂きました。プログラミング (Scratch) は「花火を打ち上げる」プログラミングが体験できる内容です。ロジックラボの大角先生がこの日のために長い時間をかけて作成して下さいました。

 

img_6066

参加するきっかけとなったのは,2020年プログラミング必修化。公民会のSさんとWさんがお声かけして下さったことに始まります。とても丁寧で親切に対応して下さるので,何とか公民館の皆さまにもっとご協力できないかと思い,いろいろと考えた結果,「風船」を子どもたちにプレゼントすることにしました。少なくとも150個くらいは風船をふくらませました!

 

img_6017

風船は学生さんたちが作ってくれました。この日のために学生さんたちと一緒にアートバルーンを試作してみるなど,練習もしました。

 

img_6036

風船をプレゼントすると,とても嬉しそうに親の元へもどっていく子どもたち。

 

img_6030

花火を打ち上げるプログラミングを体験中の子どもたち。ロジックラボの大角先生の力作です。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c1212

日曜日なのに手伝いに来てくれた学生さん。感謝,感謝です (> <)。

 

img_6059

子どもたちに楽しんでもらおうとたくさんの大人たちが集まって作るイベントでした。岡山って素晴らしいですね!

公民館の皆さまが声をかけて下さったおかげで,とても貴重な経験ができました。学生さんたちにも得難い経験の場を提供することができたように思います。公民館の皆さまに心より感謝申し上げます。来年は子どもたちがもっと楽しんでくれるような何かを用意して参加したい!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (4)
  • 応援してる! (1)
  • いいね! (0)

SNSでもご購読できます。