努力の軌跡

img_6369

プログラミングの授業を準備するために1時から集まって,休憩を入れることなく夜7時ぐらいまで頑張っていました。授業で使う道具を買いに行ったり,指導案を作ったり,分担してスマホで関連情報を探したり。「これまでに実施したプログラミング体験講座と同じようなカタチで実施できれば良いかな」と思っていたのですが,彼女たちの思いは違いました。「授業は体験講座と違うので,子どもが何かを得る時間にすべきだ!」と言って譲らない。にぎやかに盛り上がっていることがよくある (?) のですが,「教育」となると真剣そのもの。「やるからには良いものを作る!」という気持ちで取り組んでいる姿勢。素晴らしいですよね。「まだ学生だし,ちょっとくらい失敗しても良いよね」なんて全く思っていない。授業を受ける子どものことを真剣に考えて授業を作っていました。このような姿勢を学生の時点で持っているのですから,ほんとに素晴らしいです。彼女たちが学校の先生になるのなら,安心して自分の子どもを任せられると思いました (まだ子どもはいませんけれど笑)。

2017年01月13日追記

IMG_6415

翌日は作成した指導案を手に模擬授業。

IMG_6416

作っては直してを繰り返して,より良い案を作成してくれています。

2017年01月16日追記

IMG_6447

授業で使用するロボットの衣装。大橋さんが時間をかけて作成してくれました!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (1)
  • がんばってるね! (7)
  • 応援してる! (6)
  • いいね! (1)

SNSでもご購読できます。