大学教員の仕事

IMG_0663

大学教員となって3年が経ちました。着任当初は何をどうすれば良いのか「全く」と言っていいほど分からず,暗中模索の日々でした。たくさんの機会を与えて頂いたり,たくさんの経験をさせて頂いたおかげで,いくつかわかったことがありました。

大学教員の仕事は・・・
(01) 学生さんたちが楽しみながら学べる環境を作ること。
(02) 学生さんたちが挑戦してみたいと思えるテーマを掲げること。
(03) 学生さんたちの努力が社会貢献につながる環境を作ること。
(04) 学生さんたちの良いところを言葉で伝えてあげること。
(05) 問題に直面してもすぐに解決策を提示せず,学生さんたちを信じて「待つ」こと。
(06) 失敗しても良いと伝えること。
(07) もし失敗したら,どのように修正・改善すると良いか,アイデアを一緒に考えてあげること。
(08) 学生さんたちの話をよく聞いて,よく知ること。
(09) ときどきご馳走してあげること。
(10) 誰よりもよく学び,挑戦し続けること。

2016年度は研究室に来てくれた6名の学生さんたちと楽しみながら走った1年でした。苦しみながら走るよりも,楽しみながら走る方が得るものはとても多い。6名の学生さんたちのおかげでたくさんのことを学べた1年でした。写真は,学生さんたちがプログラミングの授業をする直前の様子です。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (0)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)

SNSでもご購読できます。