プログラミング教育との出会い方

IMG_9195 (1)

プログラミング教育に取り組み始めて約2年。試行錯誤を繰り返しながら,ようやく取り組みを1つのカタチにすることができました。プログラミングが必修化になることは確定。学校の先生を目指している学生さんたちのために何かできないだろうかと考えたことが始まりです。もともとファミコンのようなドット絵のゲームが好きだったので,自分で作れるのか!と感激したことも,もちろんモチベーションになりました。

本論文では,プログラミングの初体験に焦点を当てています。何であれ,初回で面白さや楽しさを感じないと継続しないですよね。どのようなファーストコンタクトを用意してあげると良いのか,効果的な出会い方について調べてみました。

結果から言うと,「ワークショップに参加する」,「友達(または保護者)と一緒にテキストを見ながら取り組む」という方法であれば,ファーストコンタクトは成功です。一方で,あまり良くない方法は,親が子どもにテキストを渡して1人でさせるような方法。「プログラミングなんて学んだことないし,分からない。でも必要そうだから本を買ってあげて勉強させておこう」。このような方法でプログラミングの勉強をさせてもヤル気は起きないので継続しません。

子ども対象のプログラミングのワークショップはまだ開催されていない場所もあります。ではどのように対応すると良いのか。本研究からおすすめしたい方法は,保護者が子どもと一緒にプログラミングを学ぶという方法。誰かと一緒にプログラミングすると楽しさを共有することができるので,やる気が向上していました。分からないからと言わずに,子どもと一緒に新しい世界をぜひ体験してほしいなと願っています。

 

 

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (2)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (3)
  • 応援してる! (1)
  • いいね! (0)

SNSでもご購読できます。