micro:bitでプログラミング:暗くなったら点灯させたい

2017年8月5日から日本でも販売が始まりました。

BBC micro:bitは約2000円。

少人数のクラスであれば,子どもたちに1個ずつ配付できそうな価格です。

 

暗くなったら点灯する

今回は「暗くなったら点灯する」プログラムを作ってみました。

コチラでプログラミングします。

夕方になると自動で点灯している街灯は色々な場所で見かけるので,

子どもたちは「プログラミング」と「日常」をつなげて理解できるかも。

micro:bitの他に「ワニクリップ」や「LED」が必要と分かり,購入してきました。

ホームセンターで購入できます。

中央の5✕5の部分が光センサーです。ココを隠すと・・・

 

LEDが点灯しました。

 

micro:bitで組んだプログラムはコチラ。

 

micro:bitを使った授業例や作品例

コチラで紹介されている記事を参考に作成しました。

他にも色々な例を見つけたのですが,うーん。小学生には少し難しいかも。

micro:bit(マイクロビット)を使った6年生理科の作成例

じゃんけんマシーン・温度計などMicro:bitの授業活用例5選

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

 

マイクロビットは授業で利用できる

実際に使ってみたところ,小学校の授業(理科)で使うことができる印象です。

理科と上手に組み合わせることができれば,

「プログラミングが周りの環境で利用されている」ことを

子どもたちはよく理解できるかもしれません。

 

本質的な理解が得られている?

色々な先生方のお話を聞いて「そうだよねー」と思ったことは,

「(各教科の)資質能力を育む組み合わせになっているのか?」という疑問。

「単にプログラミングを導入しただけはダメですよね」という指摘。

プログラミング教育がよく理解されるようになった後,

各教科の専門家たちから遅かれ早かれ必ず評価されます。

時間をかけて作るのであれば,彼らの批評に耐えるものを作りたいですね。

SNSでもご購読できます。