問題解決と創造的思考

今週は「思考・問題解決」を紹介する回でした。

「ロウソク問題」や「ギャンブラーの誤謬」を考えてもらったり。

 

努力の積算だけでは問題解決できないこともあります。

そのような時,「創造性」が求められます。

「創造性」に関する研究を紹介したくて,

改めて心理学系の本をたくさん調べてみたのですが,

「創造性」について記載している本がとても少なくて意外でした。

記載されていたとしてもわずか1ページ程度。

情報量が足りない!

ということで,創造性に関する研究論文を調べてみました。

創造的になれる方法(エビデンスあり)をいくつか見つけました。

ブレインストーミングやKJ法の他にも色々あります。

 

本当に創造的になれるのか?学習したら即実践!

恒例の(?)たまご落としコンテストで検証してみました。

 

学生さんたちの作品

たまごを「落とす」のではなく,「投げる・飛ばす」という発想。

 

バネの弾力性+空気抵抗

 

飴型(だったかな?)

 

非常に斬新だった作品。

「割れる・割れない」をストーリー化していました。

箱の中に「彦さん」が入っています。右のタマゴが「マロさん」。

箱の手前の面にマロさんの父が描かれています。

「彦さん」が割れていなかったら,父から結婚の許可が得られるそうです。

 

「彦さん」と「マロさん」の結婚は認められたのか!?

写真からお察し下さい・・・。

 

講義の中に「体験」を含めた方がいいナと改めて思いました。

学生さんたち,とっても楽しそうでした。

何よりも良いことは,学習したことを利用して即実践できること。

感想シートに書かれている質・量も向上していました。

体験を含める場合,上記の4つを満たせるようにすると良さそうな印象でした。

(1)仲間と一緒に試行錯誤できる

(2)正解は1つだけではない

(3)結果がすぐに得られる

(4)結果がわかりやすい

 

SNSでもご購読できます。