理解することをやめない。

子ども対象の企画を開催し続けていることを知って下さる方が増えました。

とてもありがたいです。本当に。本当に。

取り組みを知って下さる方が増えると同時に,「記事,読みましたよ!」「アクティブですね!」と言ってもらえる機会も多くなりました。着任当初,「研究もせずにイベントばかりしてる」とか「研究書籍を買わずにぬいぐるみばっかり買っている」とか(笑),批難され続ける時期があったので,わざわざ声をかけて応援して下さる方の存在が,とっても嬉しくて。

「このお方たち,ひょっとして生き神様ではないだろうか?」と思うような素晴らしい方々にも出会うことができました(特に2017年)。さてさて。本題です。なぜ子ども対象の企画を開催し続けているのか。理由は2つあるんです。

 

1.子どもを知らない発達科学者なんてイヤだ

子どもや育児の実情を知らないのに教育や発達について学生に語っても良いのか。論文や書籍の情報だけで子どもを知っていることにはならない。学術的な視点だけで子どものことを分かった風に言ってはいけないのではないか。着任当初から授業を作る過程でとても苦悩しました。

体験的に理解している方が自信を持って伝えることができるはず。リアリティを持って伝えることができるはず。では,どうすれば良いのか。今から小学校の先生になることは現実的ではないし,どうしたものかと考え続けること数か月。視点を増やせる環境を作ることにしました。

子どもたちが参加してくれる楽しい企画を作って,子どもたちと関わっていけば,時間はかかるかもしれないけれど,少しずつ理解できるかもしれない。もちろん,「子どもたちに喜んでもらうことが絶対最優先の条件」です。企画を開催し続けること数年。やっと理解できるようになりました。

学術的観点ではないところから子どもたちを理解することが少しずつできるようになったかも!?と思えたのは,子どもたちが自発的に協力してプログラミングしている様子を目撃した時でした。協同学習の効果は学術的に知っているのですが,実際の様子を目の当たりにすると,効果を実感することができました。子どもたちの実際の様子を知らないまま研究を続けたら机上の空論を作ってしまいそうだと不安に思っていたけれど,少しだけ不安が和らいできた気がします。

でも,ココジャナイ感はまだ消えない。目指しているところはもっと先にある気がしています。教育現場の声も理解できるようになりたいし,保護者の声や先生たちの声を少しでも深く理解できるようになりたい。

 

2.最新の知見を使った新しい教育に挑戦したい

研究から得られた知見を利用すれば教育はもっと良くなるはず。子どもの未来を少しだけ良くすることができるかもしれない。でも,それを実践する場所がありませんでした。

「無いのであれば自分で作る」。

学生の頃から尊敬している生命科学者の言葉です。最新の研究知見をバックグラウンドにした教育実践は,子どもたちだけでなく,教育に関わることを夢見てがんばっている大学生さんたちにもメリットがあるはず。社会貢献ができて,子どもたちや保護者の方に喜んでもらえて,新しいことを学術的・日常的の観点から学ぶことができる。そんな環境を作りたかった。

色々と企画をしている理由は,子どもの理解の視点を増やしたいだけでなく,子どもたちにより良い環境を提供したいから。後者の方が気持ちとしては大きいです。プログラミング教育に挑戦していた理由もこれです。プログラミングで子どもたちの創造力が育まれる可能性にとても期待を持っています。

気をつけていることは,「善意の押しつけ」になっていないか?ということです。「自分はこれで上手くできたから」「新しいから」という理由だけでオススメするとか絶対にしたくない。だからこそ,効果があったのかどうか,科学的方法を用いて客観的に調べています。検証の視点を持っていると,新しい教育を提供する過程で新しい問題や課題にもいち早く気づくことができます。

 

以上,企画を開催し続けている理由を書いてみました。

「力になりたい」「役に立ちたい」と強く思っても,

実力がなければ関われたとしても逆の結果を招いてしまう場合があります。

現状に満足することなく,もっと上へ行きたいなと思った秋でした。

SNSでもご購読できます。