こころを預かる:ぬいぐるみを介したコミュニケーション

2EF91319-

ウナギトラベルの東様が岡山にお越し下さり,大学1年生を対象にお仕事の話をして頂きました。当初は研究のご相談のみだったのですが,東さんのお話を聞いているうちに,学生さんたちにもぜひ知ってもらいないな,聞いてもらいないなと思ったことがきっかけでした。

「ぬいぐるみを預かる」とは,「こころを預かる」こと

IMG_8799

東さんのお話は想像していた以上にとっても深い内容でした。学生さんたちはそれぞれに感じたところがあった様子で,授業後の感想シートにはびっしりと思いが書かれていました。感じ方に違いがあり,理解の多様性 (学生さんたちの感受性の豊かさ) を感じる一方で,共通して多くの学生さんたちに響いていた言葉がありました。それは,「ぬいぐるみを預かることは,心を預かること」。この言葉に学生さんたちは心が動いたようでした。

 

IMG_8805

多くの場合,ぬいぐるみは子どもの頃からずっと大切にしてきたパートナーですよね。「心を預かる」という表現は私もとてもよく理解できました。ぬいぐるみは「モノ」ではなく「こころの一部分」。「こころの一部分」が旅先で大切にされているわけですから,お客様が「癒」を感じることにも納得がいきます。「大切にしているぬいぐるみが『旅をしている』」という部分だけでなく,「旅をしているぬいぐるみが『大切にされている』」ことに嬉しさを感じるのかもしれないですね。

 

IMG_8800

「大切にする」というのは,「物理的に」という意味ではありません。ぬいぐるみをお預かりする際,お客様に回答してもらうアンケートがあるんです。アンケートの内容は,ぬいぐるみのお名前,性別,性格,参加希望の理由等々。ぬいぐるみを預かって有名な観光地で単に撮影しているわけではないことがココから伺えます。お客様の「ぬいぐるみに対する想い」があって,その想いに寄り添った撮影となるように心がけておられるように感じました。

こころにカタチを与える写真

IMG_8802

かわいらしく撮影できればOKというわけではなく,一人ひとりのお客様の気持ちを丁寧にすくい取り,それらを「撮影した写真」に反映できているかどうかを基準にしておられるように感じました。これは簡単に真似できることではないですね。一人ひとりのお客様の声を丁寧に聴き,言葉の奥にあるカタチのない気持ちを可能な限り理解しようとするスキルがなければ,同じように撮影をしたとしても,ぬいぐるみの持ち主のこころには届かないのかも。

撮影では,どのような角度で撮影すると良いのか等の手続き的なスキルよりも,お客様の想いを最大限に汲み取るようなコミュニケーションスキルの方が極めて重要なように感じました。そして,ぬいぐるみの写真撮影は,カタチを持たないこころにカタチを与える方法の1つなのかも。言語化が難しい気持ちを,写真という1つのカタチにしてもらえることが喜ばれる要素の1つとして含まれている気がしました。

ぬいぐるみを介したコミュニケーション

IMG_8804

ぬいぐるみを介したコミュニケーションがお客様の間で生まれていて,ぬいぐるみが人と人をつなげている。ぬいぐるみがカワイイという部分も確かにあるのですが,人と人のつながりが本質的な部分のように思いました。ツアーの中でぬいぐるみたちがつながり合い,ぬいぐるみを介して,人と人がつながり合う。つながりは多様的な彩りを帯びながら,同時に次のつながりの蕾が育っている。そんな印象を持ちました。言語化はちょっと難しいのですが,非言語的 (直観的) には理解できました。最近話題の「ぬい撮り」とは,コミュニケーションという点で質的に大きな違いがあるのかもしれません。コミュニケーションとは何だろう?と改めて考える大変良い機会になりました。

 

IMG_8787

学生さんたちだけでなく,私も大変新鮮な時間を過ごすことができました。新しいことを理解したり体験したりした時,世界が広がった!と思えるような感覚がこころの中に広がりますよね。海外に行ったときに感じる,あの感覚。それに近い感覚を得ることができました。

 

IMG_8804

岡山ツアーに参加中のみなさまー!ようこそ岡山へ!!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (5)
  • 面白かった! (8)
  • がんばってるね! (2)
  • 応援してる! (7)
  • いいね! (5)

5月27日に向けて準備中。

IMG_8779

広島で撮影してきた写真をつないでストーリーを作成中。これがまたすごいんです。学生さんたちのアイデア力,恐るべし。大人も楽しめる出来栄えでした。きっと子どもたちも喜んでくれるはず!

 

FullSizeR (10)

こちらも学生さんの手作り。マスキングテープを上手に使ってお魚のうろこを表現しています。学生さんたちのスキルの高さには驚かされるばかりです。どのように利用するのかはまだ秘密です。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)

子どもからの手紙

gatag-00011099

5月8日,ぬいぐるみたちのお手紙 (1通目) を子どもたちに送りました。

数日後,子どもたちから返事のお手紙が届きました。

 

IMG_8735

保護者の方のお手紙も添えられていて,「子どもがどうしても返事の手紙を出したいと言うので,ご迷惑になるのではないかと思いながらも,お送りさせて頂きました。親として,『手紙を書きたい』,『手紙を送りたい』,という子どもの気持ちを大切にしてあげたいと思い (以下省略)」と書いてありました。

そうですよね。心から同感しました。もし同じ立場になったとしたら,同じように対応すると思います。保護者の方のお手紙の内容,子どもを思う気持ちがとても素敵で,何かしてあげたい気持ちが湧いてきました。そこで,送ってくれた手紙を読んでいる様子 (上記の写真) を撮影して,改めてお送りすることにしました。

「子どもがとても喜んでいる様子を見て,保護者の方も喜んで下さっていること」をお手紙で知り,とても嬉しい気持ちになりました。本日も大変良い1日でした!

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (2)
  • いいね! (0)

ういろう。

FullSizeR (9)

ういろうと緑茶を頂きました。ういろう,(゚д゚)ウマー!!

ういろうを下さったのは,ぬいぐるみお泊り会を一緒に作って下さった紀伊国屋書店のNさん。4月から転勤ということで,ご丁寧にご挨拶に来て下さいました。ぬいぐるみお泊り会開催のご相談をさせて頂いてから現在に至るまで,ずーっと協力し続けて下さったんです。

ご相談差し上げた当初 (3年前) ,お泊り会に関する研究成果はゼロでした。初めての挑戦なので,成功するのかどうかも分からないし,メリットを提供できるのかさえも保障できない。それでも面白い企画だからということで協力し続けて下さいました。

これまで失敗することなくぬいぐるみお泊り会を継続することができたのも,英語論文として成果をまとめることができたのも,Nさんのご協力のおかげです。心より感謝申し上げます。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (0)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (1)

ぬいぐるみからの手紙

無題

「フェリックスの手紙」。この絵本のように,子どもたちのぬいぐるみが旅に出かけて,旅先から手紙が届くような体験をさせてあげたいなと思って始めた企画。先日,第1通目を子どもたちに送りました。

 

IMG_8735 (2)

お手紙を送ってから4日後,手紙を受け取ったお子さんからお返事の手紙 (写真右側のちゅっちゅくん宛て) が届きました。早速,手紙を読んでいる様子を撮影し,写真をお送りしました。子どもたちが喜んでくれるだけでなく,保護者の方々も喜んで下さってるみたいでした。子どもの喜ぶ様子を見たら親も嬉しくなりますよね。

 

IMG_8208

ぬいぐるみからの手紙はすべて学生さんたちによる「手作り」です。写真も学生さんたちが試行錯誤しながらも撮影してくれました。毎回とても丁寧に仕上げてくれるからこそ,子どもたちや保護者の方々が喜んで下さるのだろうと思います。学生さんたち,ものすごくがんばってくれるので,もっと良い環境を提供できるようにしたいなと改めて思いました。

「楽しい!」は絶対に必要な要素。「楽しい!」の要素を大切にしながら,学生さんたちの努力が大学内で完結しない,社会貢献につながる環境作りを今後もがんばります。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (3)
  • いいね! (0)

偏愛マップで自己紹介する

無題

全部で15回の講義。120分も時間があるので,話を聞き続けるのはとても大変です。そこで,いろいろな活動を取り入れ,学生さんたちがアクティブになれる時間を作ってみました。自己紹介 (前半の3回のみ) の時間を含めるようにしてみたんです。ただ自己紹介をするのではなくて,偏愛しているものを紹介しながら,自分について語ってもらいます。時間は3分。昨年から試験的に取り入れてみました。どのような反応になるのか不安でしたが,学生さんたちからは大変好評です。斎藤孝さんの「偏愛マップ:キラいな人がいなくなるコミュニケーションメソッド (NTT出版)」を参考にしています。

 

CEE63F9E-

4~6名で1組になってもらって自己紹介。毎回とても楽しそうな雰囲気になります。全体写真を撮影していたら左手前のグループの学生さんたちが・・・ (笑)。

 

IMG_8738

せっかくなので記念に撮影させて頂きました!楽しそうです (笑)。楽しんでいたら「講義」であることを忘れていたとか,楽しんでいたらいつの間にかたくさんのことを身に着けていたとか,そんな講義がいいなと思って毎回準備しています。この時間を楽しく過ごしてくれている学生さんたちを見るのがとても好き。なので,毎回楽しんでもらえるように講義の中身は毎年新しく思いついたことを取り入れて挑戦し続けています。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (1)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)

広島の旅~宮島編~

C0578B16-

2日目も早朝からのスタートとなりました。朝7時です。寝ぼけて時間を間違えて,集合場所に40分前に到着。

 

IMG_8206

宮島は高校1年生の頃に両親に連れてきてもらったことがありまして。ものすごく気に入ってしまって,大学生になってからも何回も1人で来ていた場所です (特に思い悩んだ時に笑)。自分でもよく分からないんですよね。何回来ても飽きないんです。この景色がとても好き。

 

IMG_8201

撮影しては3人でチェック。

 

IMG_8202

撮影しては3人でチェックの繰り返し。早朝からがんばってくれているんです。

 

IMG_8205

GWなので?,早朝でもたくさんの人が観光に来ていました。

 

IMG_8265

学生さんたちは壺衣装を着て宮島を散策,そして撮影。観光してる方々の視線がすごかった。「視線を釘付けにする」ってこういうことなのか!と思ったほど。学生さんたちは写真撮影をたくさん求められていて,モテモテでした。スコットランドから観光に来ていた夫婦にも撮影を求められ,旦那様は奥さんの目の前で ” So Beautiful !!  Wonderful !! ” と言っていました (笑)。あとでシバかれていないことを祈ります。でも,本当に美しく,きれいでした。

スマホの電池がなくなりかけてしまったので,残念ながら写真はここまで。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (0)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)

広島の旅~広島市内編~

IMG_8115

お預かりした子どもたちのぬいぐるみを遠足にご案内する企画が遂にスタート。朝6時枠の新幹線に乗って広島へ向かいました。晴れて本当によかった!この日の1週間前から天気を毎日チェックするほど心配してたんです。

 

IMG_8139

新幹線で約30分。広島に到着したら朝食のパンを買ってバス停へ。1つ目の目的地は安佐動物園。

 

IMG_8146

バスに揺られて1時間。安佐動物園に到着。早速ぬいぐるみたちの撮影をしていたら,「かわいらしいですね!これは何をしているんですか?」と関心を示して尋ねて下さる方もいらっしゃいました。ぬいぐるみを動物園で撮影。確かに不思議な光景ですよね。動物園の動物たちよりも注目を集めてしまった。

 

IMG_8157

新緑がとってもきれい。ほのぼのしました。ほのぼのー。お日柄も良く,素晴らしく良い休日でした! 仕事日でした!

 

IMG_8166

春の風に吹かれる学生さんたち,とても爽やかです。午後は「おりづるタワー」へ。おりづるタワーのスタッフの皆様が撮影に協力して下さったおかげで,大変良い写真を撮影することができました!(5月27日に「ぬいぐるみたちの遠足」の報告会があるので,その日までぬいぐるみさんたちの写真は非公開。ゴメンナサイ!写真は報告会以降に改めてご紹介する予定です。しばらくお待ちを!)。

 

IMG_8168

おりづるタワーの12階には「おりづる広場」という場所があって,ツルを折ることができました。子どもの頃に挫折して以来,折り紙をほとんど折ったことがなかったので,それはそれは大変苦戦しました。思わず見かねた学生さんたちが1つ1つ丁寧に手順を教えてくれました (涙)。写真は完成したツルです。折ったり戻したりを繰り返してしまったので,ちょっとボロボロ感がある…。それに比べて,学生さんたちのおりづるは大変美しかった。

 

IMG_8173

おりづるタワーのスタッフさんが原爆の投下位置などを丁寧に説明して下さいました。

 

IMG_8175

折り鶴の絵がたくさんある場所を発見。ご覧の通り,学生さんたちはとても楽しそうでした笑!

 

IMG_8177

本当に楽しそうです笑。「いいなー,こんな大学生活を送りたかったナー」と思ったとか,思わなかったとか。

 

IMG_8178

こちらは広島平和記念公園。ゴールデンウィークで人が多い中,本当に良く頑張ってくれました。事前にお尋ねした保護者の方々のご希望に少しでも沿うことができるようにとの思いから,学生さんたちは撮影のクオリティに全く妥協しませんでした。

 

無題

夜は「電光石火」様へ。事前に撮影のご協力のお願いをさせて頂いたところ,快諾して下さいました (改めて感謝申し上げます!)。他のお客様がいらっしゃったので,写真は暖簾のところのみ (こちらも後日に撮影させて頂いた写真を公開予定)。

 

IMG_8182

本日はここで終了。翌日は宮島です。「撮影がすべて終わったら「あなご飯」食べようね!」と言って学生さんたちを励ましたかったのですが,「撮影が終わったらアレ食べよう,アレ。うーん・・・あれです。」と言ってしまって (´・ω・`)ショボーン。間髪入れずに学生さんから総ツッコミを頂きました。優しさ溢れるツッコミ,誠にありがとうございました (笑)。もし今後,僕が「アレ」と言ったら「あなご飯」だと思って下さい。「アレ」は「あなご飯」を指しているはずです,きっと (意味不明)。

それにしても,「学生さんたちが楽しみながら学べる時間」を創らせてもらえる今の環境。とても有難いナーと改めて思いました。研究に協力して下さる協同研究者さんたち,一緒に挑戦してくれる学生さんたち,研究を行う上で事務手続きを丁寧に行って下さったり,研究を応援して下さる事務室の皆様方,必用な道具を急いで用意して下さる生協の方々,今回の企画で協力して下さったお店の方々などなど。今回の企画もたくさんの方々に支えて頂いております。皆様に心より感謝申し上げます。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (0)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)

「優秀である」とは、どうあること?

IMG_8093

「優秀」という言葉の定義は,その人のいる環境(評価する人たち)によって決まります。期末試験のテストも優秀であるかどうかの指標になりますが,あくまで数多くある指標の中の「1つ」です。だから,仮に誰かによくない評価を付けられたとしても,気にしてはいけない。その指標が間違っていることもあるから。

社会には「優秀であるかどうかを測る指標」はたくさんあります。多くの人が賛同・共感するであろう指標は,最近よく耳にするようになった「非認知能力」が代表しているように思います。

書きかけです。でもとりあえず公開。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (0)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)

こころにも天気がある~晴れない日と晴れた日~

lgf01a201311121600

photo by sabamiso様

特に何かあったわけではないのに気分が晴れない日もあるのではないかと思います。これは仕方ない。落ち込む日もあれば,天にも昇れそうな日もある。気分が晴れない日はどうすれば良いのか。20代の頃から,本も含めてたくさんの方々の方法や考え方を見聞きした中で,心に残っていることをいくつかご紹介。

(1) とにかく早く寝る

得体のしれない気落ちは寝たらスッキリ消えることがあります。なぜ気持ちが晴れないのか思い当たる節がなければすぐに寝ましょう。すぐ寝ましょう。

(2) 日記に記録する

失敗したときは,何がどうなって,失敗したのか,さらに,どういう気持ちになったのかを書きます。後で読み返すことはありませんから,とりあえず書きます。書くだけで意外に整理がついて,前を向けるようになるかもです。
私は大学院生の頃からうまくいったことや失敗したことを書き留めています。うまくいったとき,なぜ成功したのかを記録しておくことも大切です。次の成功につながるかもしれないし,調子に乗らないために書き残しておきます。

(3) 神様から試されていると思うようにする

神様が本当にいるかどうかは別として。失敗や落ち込んだことから神様は何を学べと言っているのかを考えてみます。「そうか,これを学ばせたくてこのような機会を与えられたのか」と思うと,少し気が晴れるかもです。神様を出さなくてももちろん良いです。「この失敗から何が学べるのか」,「何に新しく気づくことができたのか」.「次からどのようにしたら良いのか」を考えることができれば十分です。

(4) 偉人の本を読む・偉人の映画を観る

有名な人たちは順風満帆では決してありません。いくつもの逆境を乗り越えている。自分の史上最悪な出来事なんてそれらに比べたらまだ小さいものだと思えるかも。挫折しながらも歩き続けている人はたくさんいます。映画や本で自分と偉人を比較することができれば,自分はまだ恵まれていることを実感できて,前を向くことができます。

(5) 仕事する・勉強する

思い悩むことに時間を使うくらいなら,未来の自分へ投資する時間にする。気が乗らなくてもテキストを開いてみているだけでいつの間にか勉強モードになっていることがあるので,おススメ。

(6) 今あるものをカウントする

失敗したときや落ち込む出来事があったときほど,普段の生活がいかに恵まれていたのかを改めて認識できるものです。なくしたものより,まだあるものの数の方が多いことを考えると少し未来が明るくなります。

(7) 映画のワンシーンとして考えてみる

感動する映画って,主人公がものすごい逆境に遭遇しますよね。自分を主人公に置き換えて,この失敗は次の成功をより美しくさせるものと考えてみると良いかも。

(8) 運動する

運動の効果は大きいです。運動後,思っている以上に前向きになれます。

でも,本当に効果あるの?

わかりません (笑)。個人的な経験談です。では本当に効果がある方法ってどれなの?ってことになるのですが,やはりエビデンスがあるかどうかですよね。

無題

こんな本を見つけました。効果があるかどうかを科学的に検証している研究を紹介してくれています。詳細な検証方法までは記載されていないので,何と比較して効果があったと主張しているのかは原著論文を読んでみないとわからないですが,とりあえず知っておく分には良いのではないでしょうか。知らない方法がたくさん紹介されていました。

2017年5月追記:
研究結果と記述に大きな違いがあります。例えば,38ページの3条件の比較の結果。効果があったのは「条件2」のはず。最も効果があったのは「1」と紹介されていました。イラストと本文も一致していません。さらに,44-47ページで紹介されている内容も不正確。サイエンスに掲載された研究の紹介なのですが,記述内容が論文で書かれている研究内容と異なっています。

この記事の評価をお願いします。
  • 参考になった! (0)
  • 面白かった! (0)
  • がんばってるね! (0)
  • 応援してる! (0)
  • いいね! (0)