そうだ 京都、行こう(1)

生きてたら色々ありますよね。ちょっと疲れてしまいました。自宅で静かに療養し続けるより,思い切ってどこか外の世界にひたる方が良いのではと思いまして。

IMG_9561

本屋で京都系の本を買い集めて,宿泊先を探す。本当に行くことにしました。

 

IMG_9433

次回の企画では子どもたちのぬいぐるみを京都にお連れする予定なので,撮影スポットや移動時間等の確認も一緒にすることにしました。下調べしておきたいという理由もあったので「京都」です。

 

IMG_9440

京都に着いて最初に向かった場所は「金閣寺」。市バスで約40分。小学6年生の修学旅行の時,初めて金閣寺を見ました。無邪気に「ほんとに金色や!」と友達たちと騒いでいた時の記憶がよみがえりました。あの頃から20年以上も経っていたのか。

 

IMG_9450

「金閣寺」の次は「龍安寺」。枯山水には15個の石があるのですが,どこから見ても1個は必ず他の石に隠れてしまうので,数えても最大で14個。「不完全」であることがこの石庭に込められているのだとか。「吾れ、唯だ、足ることを知る」。

 

IMG_9459

そして次は「高山寺」。鳥獣戯画を見てみたくて。京都駅から約1時間。山の奥地でした。

 

IMG_9460

言葉にはできない清らかさ。深緑。長い階段を上った先に高山寺はありました。本物の鳥獣戯画は撮影不可でしたが,しっかり脳裏に焼き付けてきました。墨の薄れ具合,擦れ具合が本で見た感じと全く違う。本物を見ることは大事ですね。

 

IMG_9484

山を下りてバスを待っていると大雨に。目の前にお店があったので雨宿りさせてもらいました。お店の方に「せっかく来たのなら神護寺さんにも行くといいよ」と勧めて頂いたので,神護寺さんにも行くことに。そうだった。ひとり旅の良さの1つは「現地の人たちとの何気ない会話」だったことを思い出しました。ひとり旅はいつ以来だろう。ゆっくりと時間が流れていきました。

 

IMG_9476

これもきっと何かのご縁だろうと思って軽い気持ちで行くことにしたものの・・・。なかなかの道のりです。

 

IMG_9479

登り続けていたらようやく門が見えてきました。なかなか登り甲斐のある階段でした。本当にこの奥にお寺があるのだろうか?

 

IMG_9481

門をくぐると綺麗な庭へと続く道がありました。山の奥地にこのような美しい場所があるとは。「おお,すごいな」と心の声が漏れてしまうほど神々しい場所でした。秋になると紅葉がとても美しいそうです。1日目はここで終了。バスで京都駅に戻る頃には18時になっていました。

喜んでもらえたことが次につながる。

ぬいぐるみお泊まり会,たまご落としコンテスト,プログラミング教育。ちょっと「変」な組み合わせだなと(少しだけ)思います笑。でも,子どもたちや保護者の皆さま,学生さんたちや先生たちが喜んで下さるので,これで良いのかな。学生さんたちが(楽しみながら)頑張って撮影してくれた写真に目を輝かせている子どもたち。子どもたちが喜んでいる姿を見て喜んでいる保護者の方々。子どもたちや保護者が喜んでいる姿を見て喜んでいる学生さんたち。笑顔が連鎖していくサイクルは何回見てもとても気持ち良いものです。準備は大変ですけどね。喜んでる姿を見ると,「また」何かを企画したいなと思う気持ちが湧いてきます。

今秋,子どもたちのぬいぐるみを京都へお連れする企画が控えています。「ぬいぐるみを預かることは,こころを預かること」。ウナギトラベルの東さんに教えて頂いた言葉です。どうすれば喜んでもらえるのか,できることはすべて尽くそうと思います。真面目にしていると苦しくなるので,ほどほどに。遊び心を織り交ぜながら。

IMG_9416

京都なので,「鳥獣戯画」をコンテンツの1つとして入れたい。絵が描けるようになれたらいいなと思ってテキストを買ってきて練習・・・。お手本通りに描いていると飽きてしまって,すぐ脱線しました。遊び心は大切です!

たまご落としコンテスト:夏休み(2)再挑戦

IMG_9362

あれから1週間。たまご落としコンテストに再挑戦しました。今回は「大学生 VS 小学生」。成功した数を競いました。

 

IMG_9364 (1)

ヒーローインタビューを受ける子どもたち。成功したことがわかると,飛び跳ねて喜んでいました。

 

FullSizeR (12)

結果は引き分けでした。なかなか難しいんです。作った子どもたちも,見守っていた大人たちも,とても楽しそうでした!

 

IMG_9384

たまごは1つ1つサランラップに包みました。使用したタマゴはスタッフがあとで美味しくいただいております。次回からは水風船を使う予定です。

本イベントを実施するにあたり,教育学部の学生さんたちにたくさん手伝って頂きました。ありがとうございました!

 

タマゴ落としコンテスト:メモ

01. たまごを落とした後のことを考えると,水風船の方が良いかもしれない。たまごを使う場合は,サランラップに包む(飛び散らない)。

02. 画用紙よりもケント紙の方が少し厚みがあるのでおすすめ(画用紙で実施した時の成功率は0%でした)。

03. 小学生を対象とする場合は,2階くらいの高さが適度。3階以上になると失敗しやすくなる(でも,見栄えはとても良い)。

04. 使用できるセロハンテープも1個だけにする。セロハンテープを大量に使って緩衝材を作るケースもあった。

05. 約40分程度で完成していた(小学生3-6年生の場合)。

06. 落とすのは大人。安全のため。

07. 1回目は失敗率が高いので,「2回目の挑戦」を含めて1セットにする。

08. たまごが割れているかどうかの判定は大人がする。

09. 落とした後は作品を壊して確認をするので,事前に子どもたちの作品を撮影しておくと良い。

10. チーム戦にして成功数を競うと盛り上がった(今回は,小学生 VS 大学生)。

たまご落としコンテスト:夏休み(1)初挑戦

IMG_9301

たまご落としコンテスト。大学生のお姉さんたちに作品を作ってもらいました。

 

IMG_9304

お姉さんたちの作品を投下。子どもたちが審査員です。結果は・・・。

 

IMG_9307

大学生たちを見守る子どもたち。

 

IMG_9305

にぶい音がしました…。たまごが割れていないか,厳しくチェック。

 

IMG_9306

割れていたようです。子どもたちは大爆笑。大人だって失敗するんだよ笑!

 

IMG_9310

いよいよ子どもたちが挑戦。最初に作品のアイデアを考える・・・はずなのだけど,アイデアを練る間もなく画用紙にハサミを入れていました。
もう思いついたの!?

 

IMG_9324

約1時間。大人の想像を超えた力作たち。

 

IMG_9328

大学生に作品を託し,結果を見守る子どもたち・・・。さて,結果は・・・!?

 

1

作品1:うに・にくまん・弁当

 

2

作品2:名称不明

 

IMG_9316

作品3:ぼよぼよくん

 

IMG_9317

作品4:ノーベルダイナマイト

 

IMG_9320

作品5:名称不明

 

 

*使用したタマゴはスタッフが美味しく頂きました!

子どもたちが先生になった日

IMG_9227

参加してくれた子どもたち11名。プログラミングを学びに岡山大学に来てくれました!ようこそ!

 

IMG_9193

子どもたちが持っているIDカード。この日のために,ロジックラボさんが作成して下さいました。夏休み限定の学生証です。

 

B428DE01-

子どもたちは週に1回,岡山大学でプログラミングを学びました。ゲームをプログラムすることができるようになったので,もう立派なプログラマーです。

最終日は,なんと・・・!子どもたちが大学生にプログラミングを教えました。

 

356D1F8E-

あっという間に習得していた子どもたち。大学生さんたちもびっくりしていました。「大人が子どもに教えること」が教育とは限りません。大人より子どもたちの方がたくさん知識を持っていることは多々あるし,大人よりも上手なこともたくさんあります。

大人に教える経験があると,自信につながるのではないかなー。

プログラミング教育との出会い方

IMG_9195 (1)

プログラミング教育に取り組み始めて約2年。試行錯誤を繰り返しながら,ようやく取り組みを1つのカタチにすることができました。プログラミングが必修化になることは確定。学校の先生を目指している学生さんたちのために何かできないだろうかと考えたことが始まりです。もともとファミコンのようなドット絵のゲームが好きだったので,自分で作れるのか!と感激したことも,もちろんモチベーションになりました。

本論文では,プログラミングの初体験に焦点を当てています。何であれ,初回で面白さや楽しさを感じないと継続しないですよね。どのようなファーストコンタクトを用意してあげると良いのか,効果的な出会い方について調べてみました。

結果から言うと,「ワークショップに参加する」,「友達(または保護者)と一緒にテキストを見ながら取り組む」という方法であれば,ファーストコンタクトは成功です。一方で,あまり良くない方法は,親が子どもにテキストを渡して1人でさせるような方法。「プログラミングなんて学んだことないし,分からない。でも必要そうだから本を買ってあげて勉強させておこう」。このような方法でプログラミングの勉強をさせてもヤル気は起きないので継続しません。

子ども対象のプログラミングのワークショップはまだ開催されていない場所もあります。ではどのように対応すると良いのか。本研究からおすすめしたい方法は,保護者が子どもと一緒にプログラミングを学ぶという方法。誰かと一緒にプログラミングすると楽しさを共有することができるので,やる気が向上したのだろうと思います。分からないからと言わずに,子どもと一緒に新しい世界をぜひ体験してほしいなと願っています。

 

 

黄色い声援は世界を変える?

講義の最終回。教育心理学を大学生活でどのように活用することができるのか,学生さんたちがプレゼン。発表形式は自由。特に面白かったのは,保健体育専修のグループでした。タイトルは「黄色い声援は世界を変える」。声援があればスポーツのパフォーマンスが向上することを実証していました。声援をもらうとパフォーマンスが変化する様子を撮りに野外へ出向き,その様子を動画で紹介したり,ヤラセではないことを証明するために実際に実演してみたり。学生さんはMCも上手で,笑いが絶えず起きていました。学生さんたちのおかげで今年もとても楽しい講義時間になりました。ご協力ありがとうございました!

IMG_9203

困ったときは本を読む。

IMG_9123

悩んだら考える。でも簡単に答えは出ないことが多いので,その時は「本」に相談します。本屋へ行って気になる本を片っ端から買い込んで,休日は家に引きこもってひたすら読書。先月と今月に購入した書籍は合わせて約40冊くらい。気づいたら机の半分が本で埋まっていました。道理でお金がなくなるワケで。

ジャストにフィットする答えなんて書かれていない。では何のために読むのかというと,相対化・客観視するため。本を読むと,自分の「モノサシ」ではなくて,著者の「モノサシ」で物事を見ることができます。言い方を変えると,「課題」を見る角度を変えるということになるでしょうか。様々なモノサシを1つ1つ拾い集めては測っている感じ。

読書にはコンパスの役割もあります。どの方向へ行くと良いのか,熟考する上で参考になる地図(基準)を作るために本を読んでいる感じです。

これからの研究をどのように積み上げていくと良いのか。学生さんたちにとってどのような学習・経験が有益なのか。見極めるにはもう少し時間がかかりそうです。

ぬいぐるみお泊まり会の絵本を作りたい。

IMG_9122

ぬいぐるみお泊まり会のプロジェクトは第1段階(効果の検証)を終えました。次は「展開」。各図書館で実施しやすいように,実施方法やこれまで積み重ねた工夫などを紹介する本(?)を作りたい。さらに,ぬいぐるみお泊まり会に子どもたちが参加したくなるような絵本を作りたい。これから作ろうとしている絵本は,子どもたちや保護者や図書館の方々に喜んでもらえることが前提。創れるだろうか。創りたい。

子どもたちが「自分から」絵本を手に取るきっかけ作り。絵本を手に取る行動の継続が「習慣」。カタチはないけれど,これから育つ子どもたちに私たちができる些細な贈り物。

ぬいぐるみお泊まり会がたくさんの図書館で実施されるようになるとイイナー,たくさんの人に喜んでもらえるぬいぐるみお泊まり会の絵本が作れたらイイナー,と休日のお昼に夢みてます。

第3回たまご落としコンテスト

IMG_9061

本日で3回目。今回も全員失敗しました。成功率0%です。なかなか難しい。コチラのたまごは学生さんの作品。かわいい顔を書いて,いっそのこと投下されないように良心に訴える。これは素晴らしい逆転的発想!面白いアイデアでした!確かに割れない(投下されない)。成功か失敗かよりも,こんな斬新なアイデアを出せるかどうかの方が大切ですよね。